日本酒・本格焼酎・泡盛・地ビール・リキュール日本の誇る酒
稲垣真美:著
発行:三一書房
この版元の本一覧
四六判 256ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-380-18005-7 C0077
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年04月
書店発売日:2018年04月13日

紹介

『ほんものの日本酒選び』(1978・三一書房)で「越乃寒梅」を世に知らしめた稲垣眞美の最新刊。
世界的にもっとも鑑評が厳しいとされる全国酒類コンクールにおいて、日本酒部門の本醸造、純米酒、純米吟醸・純米大吟醸、普通吟醸・大吟醸、古酒、本格焼酎の米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、黒糖その他焼酎、泡盛、地ビール、リキュール等の各部門で、2017年秋季までの毎年春秋に行われた酒類コンクールで首位を競い、審査員特別賞なども得た名品を紹介。
それぞれの酒蔵や、水、米等の原料のよさ、造る杜氏のすぐれた技能、人間性等にもふれつつ、求めれば得られる美酒の数々を多くの方々に!

目次

第1章
1 超いい水を発見――ぶなのしずく
2 「君の名は」、カムイカンデ、飛騨の酒
3 本格焼酎の次のブームは? ――球磨焼酎の躍進
4 協会酵母と果実酵母、花酵母
5 名杜氏たちに学ぶ
6 全国酒類コンクールと現代日本名酒番付
▷ 現代日本名酒番付
(Ⅰ)日本酒の部(小結以上)
(Ⅱ)本格焼酎の部(小結以上)
▷ 泡盛部門
▷ 地ビール部門・ベスト10
▷ リキュール部門・ベスト10

第2章――日本の誇る酒 北から南まで

第3章――地ビール散策

関連書

ほんものの日本酒選び

関連リンク

https://31shobo.com/2018/02/18005/

著者プロフィール

稲垣真美(イナガキ マサミ)

作家・評論家。1926 年京都生まれ。
1955 年東京大学大学院美学専攻課程修了。
1965 年「苦を紡ぐ女」で井上靖に認められ作家となる。
1974 年ごろから日本酒、本格焼酎、泡盛の蔵を回り、1977 年にまとめた『ほんものの日本酒選び』(三一新書)が大ベストセラーとなる。以後、地酒や本格焼酎の啓蒙・普及に尽くす。
1989 年、「全国酒類コンクール」を立ち上げ、以降、毎年2度(春季・秋季)コンクールを開催。
本業の文学にも精進中。



▲ページの上端へ