韓国の美しさ
加藤 松林人:画・文, 高 憲:校訂, 河田 宏:校訂
発行:彩流社
この版元の本一覧
B5判 192ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-7791-2476-1 C0022
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年04月
書店発売日:2018年04月12日

紹介

復刻、「随筆画集 朝鮮の美しさ」!

“故郷 朝鮮”をこよなく愛した画家・加藤松林人による
韓国の四季を描いた名著の復刻!
カラー口絵22点と
「十八年ぶりのソウル」
「済州島ところどころ」
「浅川巧さんの墓」を増補!

著者プロフィール

加藤 松林人(カトウ ショウリンジン)

1898(明治31)年、9月16日、
徳島県那桑町中分(現、阿南市原町中分)で生まれる。
県立旧制富岡中学を経て、早稲田大学の予科(高等学院)
へ入学。
在学中の1918(大正7)年、20歳の時、父の仕事関係で
京城(ソウル)に移住。
その地で、清水東雲から絵の手ほどきを受ける。
早くも、1922(大正11)年にあった第1回朝鮮美術展覧会で
風景画2点が入選するほど、才能を見せた。
その後、例年のこの展覧会でしばしば入選を果たし、
審査に訪れた結城素明、平福百穂、川崎小虎、橋本関雪らを
知る。
そして特筆すべきは、加藤松林人は朝鮮の画人たち、
李象範(青田。1897~1972)や盧寿鉉(心仙。1889~1978)
らと交わったばかりでなく、さらに庶民の暮らしの中にも
すすんで入り、彼らの息遺いを直接肌で感じ取ろうとした
ことである。
その後、加藤松林人自身、朝鮮展の審査員を何度か務めた
こともあった。
戦後、韓国と国交が回復する1年前の1964年6月、1週間ほど
「ふるさと」というべきソウルと、
訪れたことのなかった済州島を訪ね、
24点の風景画と随筆を著している。
1983年(昭和58)2月、滋賀県大津市で没す。
享年83歳。

高 憲(コ ホン)

1924年、ソウル生まれ。
ソウル・養正中卒業後、浜松高等工業を経て、
ソウル大学工学部、解放前に朝鮮半島の
主要な山岳をすべて登攀。趣味は発明。

河田 宏(カワタ ヒロシ)

1931年、東京生まれ。
早稲田大学文学部社会学科中退、
以後、日本近現代史、軍事史、民衆の歴史を
中心に著述。
著書等に
『満洲建国大学物語 時代を引き受けようとした若者たち』
(原書房、2002年)、
『内なる祖国へ ある朝鮮人学徒兵の死』
(原書房、2005年)、
『朝鮮全土を歩いた日本人 農学者・高橋昇の生涯』
(日本評論社、2007年)、
『民乱の時代 秩父農民戦争と東学農民戦争』
(原書房、2011年)、
『日清戦争は義戦にあらず 秩父困民党から軍夫へ』
(彩流社、2016年)、
『評伝 尹奉吉 その思想と足跡』(金学俊著、
李琇恒編、河田宏監、朴淳仁訳、彩流社、2010年)など。



▲ページの上端へ