ヨーロッパめぐり回想録
ジョージ・エリオット:著, 冨田 成子:訳
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 312ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-7791-2520-1 C0098
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年10月
書店発売日:2018年10月03日

紹介

ヴィクトリア朝、随一の知性派作家とめぐるヨーロッパ!

ジョージ・エリオットが綴った、
異文化交流と美の探訪(美術館巡り)。

感受性の豊かさと深い教養に裏打ちされた観察眼の鋭さ、
当時の一流の文化人らとの交流など、
滞在記、旅行記に
とどまらない魅力溢れるエッセイ。
本邦初訳!解説付き。

目次

ワイマール[ドイツ、1854年]

ベルリン[ドイツ、1854-55年]

イルフラクーム[イギリス、1856年]

シリー諸島とジャージー[イギリス、1857年]

ミュンヘンからドレスデンへの旅[ドイツ、1858年]

イタリア[1860年]

著者プロフィール

ジョージ・エリオット(ジョージ エリオット)

George Eliot:1819-1880。
本名メアリアン・エヴァンズ。
彩流社からの邦訳に
『ジョージ・エリオット 評論と書評』
(川本静子・原公章 訳、2010年)、
『エドワード・ネヴィル   G・エリオットの少女期作品と
その時代背景』(樋口陽子・樋口恒晴 編訳、2011年)、
『テオフラストス・サッチの印象』
(薗田美和子、今泉瑞枝 訳、2012年)、
『ジョージ・エリオット全集 6 
急進主義者 フィーリクス・ホルト』
(冨田成子訳、海老根宏・内田能嗣 監修、2011年)、
『ジョージ・エリオット全集 9 
スペインのジプシー 他2編 とばりの彼方、ジェイコブ兄貴』
(前田淑江・早瀬和栄・大野直美訳、玉井暲・
廣野由美子 解説、海老根宏・内田能嗣 監修、2014年)、
『ジョージ・エリオット全集 1 牧師たちの物語』
(小野ゆき子・池園宏・石井昌子訳、惣谷美智子 解説、
海老根宏・内田能嗣 監修、2014年)、
『ジョージ・エリオット全集 5 ロモラ』
(原公章 訳、海老根宏・内田能嗣 監修、2014年)、
『ジョージ・エリオット全集 10 詩集』
(大田美和・大竹麻衣子・谷田恵司・阿部美恵・会田瑞枝・
永井容子 訳、海老根宏・内田能嗣 監修、2014年)があり、
彩流社からの関連書に
『時代のなかの作家たち 5 ジョージ・エリオット』
(ティム・ドリン 著、廣野由美子 訳、2013年)、
『ダーク・ヒロイン  ジョージ・エリオットと新しい女性像』
(矢野奈々 著、2017年)、
『共鳴するジョージ・エリオットとヴァージニア・ウルフ
  「私」から「私たち」へ』(木下未果子 著、2018年)がある。

冨田 成子(トミタ シゲコ)

とみた しげこ
元甲子園大学特任教授。
著書に
『ジョージ・エリオットと出版文化』(南雲堂、2011)。
訳書に
G・エリオット『急進主義者フィーリクス・ホルト』
(彩流社、2011)など。



▲ページの上端へ