哲学とユーモア	 ザーロモ・フリートレンダー/ミュノーナ笑いの理論と実践作品選集
中村 博雄:編、訳, デートレフ・ティール:編
発行:新典社
この版元の本一覧
A5判 264ページ
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7879-5515-9 C3010
在庫あり
奥付の初版発行年月:2017年12月
書店発売日:2017年12月12日

紹介

20世紀初頭のドイツで「哲学のチャップリン」と呼ばれた哲学者・作家、フリートレンダー/ミュノーナ。日本人の感覚とも通じる彼独特のユーモアに満ちた作品群を収録した好評日本語訳第三弾。

目次

 はじめに(中村博雄)
 凡例
 訳者序文(中村博雄)
 編者序文――本書はひどく暗い気もちにさせる本だろうか?(デートレフ・ティール)
 作品解説(デートレフ・ティール)

ようこそ、ミュノーナのユーモアの世界へ!――1924年1月26日「ヴァルプルギスの夜」招待状――

第1部 フリートレンダー/ミュノーナのユーモア
 1.歯磨き粉になった乙女(1918年)
 2.とんでもない気晴らし(1911年)
 3.機知に富んだ小さな菓子屋製フォンダン(1910年)
 4.寓話のような話(1911年)
 5.小さなリンゴ、コロコロどこへ?(1928年)
 6.違うエンドウ豆の上に寝たお姫様(1928年)
 7.ミニ・グロテスクと逸話
 8.ザオトマート(1918年)――リヒャルト・ツィーグラー挿絵(1931年)
 9.アルコーレスケ〔呑助〕(1929年)
 10.やけを起こした老人とその最後(1910年)
 11.一度も流されなかった涙(1921年)
 12.フリートレンダー/ミュノーナの自画像(1922年)
 13.あなたはどうしてそのようなペンネームになったのですか?(1926年)
 14.笑っているヨブ(1933年)とフリートレンダー/ミュノーナのコメント

第2部 フリートレンダー/ミュノーナと笑いの理論
 1.カント
 2.ジャン・パウル
 3.ショーペンハウアー
 4.ニーチェ
 5.アンリ・ベルクソン『笑い』(1914年)
 6.笑いものにされた叙情詩(1910年)
 7.グロテスク(1919年)〔新訳〕
 8.〔神自身が豚に変装――ユーモア作家の手法について〕(1923年頃)
 9.世界観としてのユーモア(1935年)
 10.笑いの理論断片
 11.ソネット2篇

附録
パウル・ハトヴァニ書評「ミュノーナのために」(1922年)
ドイツにおけるフリートレンダー/ミュノーナ全集の刊行状況と『フリートレンダー/ミュノーナ研究』刊行等について

特別寄稿
ユーモアという哲学――笑いの幅と奥行き――(中村明:早稲田大学名誉教授)

 索引凡例/人名索引/作品索引/事項索引
 おわりに
 編者写真・プロフィール

著者プロフィール

中村 博雄(ナカムラ ヒロオ)

Hiroo Nakamura
著書(Bücher)
『カント「判断力批判」の研究』東海大学出版会、1995年。
『カント政治哲学序説』成文堂、2000年。
『カント批判哲学による“個人の尊重”(日本国憲法13条)と“平和主義”(前文)の形而上学的基礎づけ』成文堂、2008年。
Für den Frieden,libri nigri,Nordhausen:Traugott Bautz 2012.
『理性と平和――ザーロモ・フリートレンダー/ミュノーナ政治理論作品選集』新典社、共編、2012年。
『技術と空想――ザーロモ・フリートレンダー/ミュノーナグロテスケ作品選集』新典社、共編、2014年。

デートレフ・ティール(デートレフ ティール)

Detlef Thiel
著書(Bücher)
Über die Genese philosophischer Texte.Studien zu Jacques Derrida,Freiburg/München:Alber 1990.
Platons Hypomnemata.Die Genese des Platonismus aus dem Gedächtnis der Schrift,Freiburg/München:Alber 1993.
Maßnahmen des Erscheinens.Friedlaender/Mynona im Gespräch mit Schelling,Husserl,Benjamin und Derrida,libri nigri,Nordhausen:Traugott Bautz 2012.
『理性と平和――ザーロモ・フリートレンダー/ミュノーナ政治理論作品選集』新典社、共編、2012年。
『技術と空想――ザーロモ・フリートレンダー/ミュノーナグロテスケ作品選集』新典社、共編、2014年。
Experiment Mensch.Friedlaender/Mynona Brevier,Konzept & Schnitt: Detlef Thiel,Friedlaender/Mynona Studien,Bd.1,Herrsching:waitawhile 2015.
„Tummle dich,mein Publikum!Hier sind noch schöne Aufgaben zu lösen.“Berichte und Forschungsbeiträge aus 100 Jahren,hrsg.von Detlef Thiel,Friedlaender/Mynona Studien,Bd.3,Herrsching:waitawhile 2015.



▲ページの上端へ