ルカ・モドリッチ評伝
ビセンテ・アスピタルテ :著, ホセ・マヌエル・プエルタス:著, 江間慎一郎:訳
発行:カンゼン
この版元の本一覧
四六判 288ページ
予価:1,800円+税
ISBN978-4-86255-488-8(4-86255-488-1) C0075
近刊
奥付の初版発行年月:-0001年12月
書店発売日:2018年10月18日

紹介

先のロシアW杯でクロアチア代表を準優勝に導き、大会MVPに輝いた
モドリッチのすべてがわかる本格バイオグラフィー。

スペインで発売され大きな話題となり、ロシアW杯のエピソードを大幅に加えた最新版が日本初上陸。

知られざる幼少期の生い立ちから少年時代、戦争の悲劇、体の小ささからなかなかプロへの道が開けなかった不遇の時代、
クロアチアにおけるプロとしての紆余曲折の歩みと才能の開花、スペイン レアル・マドリーでの大活躍、
そしてロシアW杯での不屈の成功…と、まだまだ日本では知られていない
モドリッチの成長秘話や人となりを丹念に描き出していく。
幼少時代からの貴重な写真の数々も必見。


<目次>
1.ダルマチアの才能
2.戦争難民
3.榴弾の中での練習
4.大いなる失望
5.ボスニア・ヘルツェゴビナ、成熟の証明
6.最後のレンタル移籍
7.愚か者たちのリーグ
8.スター誕生
9.バルカン半島のクライフから単なるルカ・モドリッチへ
10.脅威のポリバレンス性
11.ロンドンでも収まり切らない器
12.取り戻した勝利
13.疑い、批判、殻に閉じこもる
14.冷静な男
15.レアル・マドリーへの愛
16.司法に見張られた伝説
17.さらなる三つの栄光と、W杯MVP

著者プロフィール

ビセンテ・アスピタルテ (ビセンテアスピタルテ )

ジャーナリズムの学士を保持。過去にバスケットボール・スペイン代表の広報を担当。2009年からリベルター・デヒタル・グループで働き、現在はラジオ局『エス・ラディオ』のスポーツ報道の責任者を務める。ホセ・マヌエル・プエルタスとは、2004年に『エス・ラディオ』のバスケットボール番組を共同で制作。そのほか一般紙『エル・ムンド』に記事を寄稿するほか、『レアル・マドリーTV』の名物コメンテーターとして活躍する。

ホセ・マヌエル・プエルタス(ホセマヌエルプエルタス)

スポーツ科学の学士を保持。2009年からラジオ局『エス・ラディオ』、WEBメディア『リベルター・デヒタル』の編集部の一員として働き、『エス・ラディオ』の番組“ラ・リーガ・エス・ラディオ"では、フットボールや他スポーツの試合についてコメントしている。また『オンダ・セロ』や『カナル・スル・ラディオ』など、ほかのラジオ局の番組にも出演するほか、バスケットボールマガジン『ヒガンテス・デル・バスケット(バスケットの巨人たち)』に記事を寄稿している。



▲ページの上端へ