花のお江戸の蝶の舞
岩崎京子:作, 佐藤道明:絵
発行:てらいんく
この版元の本一覧
A5判 94ページ 上製
定価:1,400円+税
ISBN978-4-86261-140-6 C8093
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年10月
書店発売日:2018年11月27日

紹介

「あんた、女の子よ」
「だから、女の職人」
「そんなの、聞いたことない」

〜お菓子にみせられたお嬢様、たまき・十二才の挑戦!〜
花のお江戸で高い人気をほこるお菓子屋「金沢丹後」。
このお店の長女・たまきは、店の主人であるおとっつあんやおっかさんよりも、職人たちが作るお菓子にきびしい。
親にすすめられた踊りのけいこをためすうちに、自分が本当にやりたいのはお菓子作りだと気づいたたまき。
でも職人は男の仕事、女の人は調菓場に入ることもゆるされない時代。
そこでたまきは、西洋のお菓子作りを学んだ一平の力をかりて、お菓子作りをみとめてもらうための挑戦を始める!

目次

一、お菓子の「金沢丹後」
二、紙の蝶々
三、江戸の教育おっかさん
四、ところで、一平は? 
五、踊りのけいこ
六、ふたつ蝶々
七、蝶のたたり?
八、げん直しの蝶
九、あめ細工の蝶
十、「金沢丹後」に蝶が舞う

著者プロフィール

岩崎京子(イワサキキョウコ)

1922年、東京都生まれ。日本児童文学者協会会員。『さぎ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。『鯉のいる村』(新日本出版社)で野間児童文芸賞、芸術選奨文部大臣賞受賞。「花咲か」(偕成社)で日本児童文学者協会賞を受賞。「建具職人の千太郎」(くもん出版)で赤い鳥文学賞を受賞。『びんぼう神とばけもの芝居』(文溪堂)、『花咲か─江戸の植木職人』、『久留米がすりのうた』、「街道茶屋百年ばなし」シリーズ(石風社)、『かさこじぞう』(ポプラ社)、『一九四一─黄色い蝶』(くもん出版)など作品多数。

佐藤道明(サトウミチアキ)

画家。



▲ページの上端へ