おかげさま
高木利誌
発行:明窓出版
この版元の本一覧
四六判 上製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-89634-383-0 C0093
近刊
奥付の初版発行年月:2017年12月
書店発売日:2017年12月08日

紹介

名古屋の発明王による、日本人が技術とアイデアで生き残る為の人生法則。

日本の自動車業界の発展に不可欠な技術を多数発明した著者が初めて明かした革命的なアイデアの源泉。
そして、人生の機微に触れる至極の名言の数々。

高校生でパン屋を大成功させ、ヤクザも一目置く敏腕警察官となった男は、
いま、何を伝えようとするのか?

“今日という日”に感謝できるエピソードが詰まった珠玉の短編集。


◎売るのでなく買っていただくことを学ぶ
◎初出勤で泥棒を逮捕する
◎少年院に送らずに更生させる
◎相手に飲まれない 
◎相手の立場に立って考えよ(父の教え)
◎人との巡り合わせに感謝
◎脳梗塞とがんを乗り越えて
◎得意先の利益優先
◎産業廃棄物の有効利用とは
◎人との縁との引き寄せ
◎意識の違いが結果を変える
◎山登りと人生のルート 
◎これからはケイ素の時代
◎船井幸雄先生の教え
◎美濃部空将の経営者の心得について
(*本文より一部抜粋)

著者プロフィール

高木利誌(タカギトシジ)

1932 年(昭和7年)、愛知県豊田市生まれ。
旧制中学1年生の8月に終戦を迎え、制度変更により高校編入。
高校1年生の8月、製パン工場を開業。高校生活と製パン業を併業する。
理科系進学を希望するも恩師のアドバイスで文系の中央大学法学部進学。
卒業後、岐阜県警奉職。35 歳にて退職。
1969 年(昭和44 年)、高木特殊工業株式会社設立開業。
53 歳のとき脳梗塞、63 歳でがんを発病。
これを機に、経営を息子に任せ、民間療法によりがん治癒。85 歳の現在に至る。



▲ページの上端へ