噺家の来た道、日本の来た道八っつぁんの落語一代記
柳家 さん八:著, 清水 しゅーまい:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 197ページ 並製
定価:1,900円+税
ISBN978-4-7791-2077-0 C0076
在庫あり
奥付の初版発行年月:2015年01月
書店発売日:2015年01月07日

紹介

高校卒業後の聰吉(後のさん八)は大企業・凸版印刷に就職。高度成長期の波に乗る企業で、日本武道館を借り切った「凸版家族慰安会」で素人芸を披露しているうち「噺家になりたい」という気持ちがふつふつと沸いてきた。その頃、若手落語家四天王の立川談志が『現代落語論』を出版。手紙を書いて幸か不幸か一番弟子になった。しかし半年後「名選手かならずしも名コーチならず。俺は弟子育てるのには向いてねぇ」と突き放されるも、談志の師である柳家小さんにひろってもらう。仲間とともに新落語協会結成をたくらんだり、大量二つ目最後の11人目にすべり込みで昇進をつかんだり。「柳家さん八」を襲名し、吉田茂や田中角栄などの歴代総理や有名政治家を演じ分け、一人で国会予算委員会を再現するという「政界模写」を編み出した。また1978年の落語協会分裂騒動などを通して、噺家連のもろさを目の当たりにする。1980年、第1回真打昇進試験に合格、翌年、晴れて真打。21世紀に入ってからは志ん朝、小さん、談志も亡くなり、寂しさを味わう。しかし、ドラマ『タイガー&ドラゴン』で落語ブームが勃発、『実録噺・東京大空襲夜話』を生み出し、反響を得た。2008年、落語協会監事在任時に助成金ショックを経験。現在もうるさ型として奮闘するさん八の歩んだ道を振り返る。

目次

(1)見合いで珍芸
(2)「さん八」生まれる
(3)爆撃を受けると腰が抜ける
(4)東京大空襲
(5)禁演落語解禁
(6)ラジオ落語全盛
(7)タレント三平
(8)テレビが欲しい
(9)東京オリンピックに向かって走る
(10)どの噺家に入門?
(11)談志との出会い
(12)談志に捨てられる
(13)前座
(14)新落語協会決起
(15)桂文楽事件
(16)政界模写
(17)小さん剣道場の出会い
(18)落語協会分裂騒動
(19)第1回真打昇進試験
(20)落語協会談志脱退
(21)昭和天皇と小さん
(22)史上初の定期刊行物
(23)時代は「平成」
(24)人間国宝
(25)『タイガー&ドラゴン』
(26)落語協会助成金ショック
(27)落語と日本の未来に期待を込めて

著者プロフィール

柳家 さん八(ヤナギヤ サンパチ)

1944 年東京生まれ。1966 年五代目柳家小さんに入門。1981 年真打昇進。2006 年より落語協会監事。主な著書
には『実録噺・東京大空襲夜話』(新日本出版社)がある。

清水 しゅーまい(シミズ シューマイ)

1976 年埼玉県生まれ。日大芸術学部文芸学科中退。情報紙・歴史雑誌のライター、アニメ制作会社勤務・同社
破産などを経験。本作の主人公・二代目柳家さん八の長男。



▲ページの上端へ