増補改訂版 ウィリアム・ギブスン
巽 孝之:編著, 新島 進:他著
発行:彩流社
この版元の本一覧
A5判 253ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7791-2121-0 C0098
在庫あり
奥付の初版発行年月:2015年06月
書店発売日:2015年06月01日

紹介

お待たせしました!
サイバーパンクの導師(グル)の“教本”、増補改訂で再登場!!

『ニューロマンサー』で電脳空間を疾走し、さまざまな作家に多大な影響を
及ぼしたウィリアム・ギブスン。
最新作The Peripheral(2014)で健在ぶりを見せつけた彼の現在地とは?

〈電脳空間〉三部作、〈橋〉三部作、そして2000年以降の〈ビゲンド〉三部作をも
概観する、巽孝之による新たな考察を加え、ギブスン作品の理解に必須ともいえる
キーワード事典、作品ガイドも内容を更新し、増補・改訂しています!

著者プロフィール

巽 孝之(タツミ タカユキ)

1955年、東京生まれ。コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D.,1987)。
現在、慶応義塾大学文学部教授。アメリカ文学専攻。
著訳書等に『想像力を活用しよう』(レスリー・コース著、巽 孝之訳、中央出版社、1981年、新書)、『サイバーパンク・アメリカ KEISO BOOKS 4』(巽 孝之著、勁草書房、1988年)、『文学する若きアメリカ ポウ、ホーソン、メルヴィル』(巽 孝之 他著、南雲堂、1989年)、『サイボーグ・フェミニズム』(ダナ・ハラウェイ 他著、巽 孝之 他編訳、トレヴィル、1991年)、『現代SFのレトリック』(巽 孝之著、岩波書店、1992年)、『アシモフが語るアイディアの世界』(巽 孝之著、成美堂、1993年)、『メタフィクションの謀略 ちくまライブラリー 95』(巽 孝之著、筑摩書房、1993年)、『ジャパノイド宣言 現代日本SFを読むために』(巽 孝之著、早川書房、1993年)、『日本にとってアメリカとは何か―いま「千年王国」が崩壊する (カッパ・サイエンス) 』(栗本 慎一郎・今福 龍太・粉川 哲夫・石川 好・巽 孝之 著、光文社、1995年)、『E.A.ポウを読む 岩波セミナーブックス 52』(巽 孝之著、岩波書店、1995年)、『アヴァン・ポップ』(ラリイ・マキャフリイ著、巽 孝之・越川 芳明訳、筑摩書房、1995年)、『ニュー・アメリカニズム 米文学思想史の物語学』(巽 孝之著、青土社、1995年)、『ニューヨークの世紀末』(巽 孝之著、筑摩書房、1996年)、『この不思議な地球で 世紀末SF傑作選』(巽 孝之編、紀伊國屋書店、1996年)、『廃墟大全』(巽 孝之 他著、トレヴィル、1997年)、『SFへの遺言』(小松 左京・大原 まり子・高橋 良平・森下 一仁・石川 喬司・笠井 潔・巽 孝之 著、光文社、1997年)、『恐竜のアメリカ ちくま新書 120』(巽 孝之著、筑摩書房、1997年)、『身体の未来』(高山 宏 他著、トレヴィル、1998年)、『物語のゆらめき アメリカン・ナラティヴの意識史』(巽 孝之・渡部 桃子編著、南雲堂、1998年)、『日本変流文学』(巽 孝之著、新潮社、1998年)、『フィルムメーカーズ 8 キネ旬ムック スタンリー・キューブリック』(巽 孝之編、キネマ旬報社、1999年)、『世紀末と末法 形の文化誌 7』(巽 孝之 他著、形の文化会形の文化誌編集委員会 他編、工作舎、2000年)、『メタファーはなぜ殺される 現在批評講義』(巽 孝之著、松柏社、2000年)、『日本SF論争史1957-1997』(巽 孝之編、勁草書房、2000年)、『アメリカ文学史のキーワード 講談社現代新書 1521』(巽 孝之著、講談社、2000年)、『メタフィクションの思想 ちくま学芸文庫』(巽 孝之著、筑摩書房、2001年)、『アメリカン・ソドム』(巽 孝之著、研究社出版、2001年)、『2001年宇宙の旅講義 平凡社新書 92』(巽 孝之著、平凡社、2001年)、『サイボーグ・フェミニズム 増補版』(ダナ・ハラウェイ 他著、巽 孝之 他編、小谷 真理 他訳、水声社、2001年)、『アメリカ文学ミレニアム 1』(國重 純二編、巽 孝之著、南雲堂、2001年)、『リンカーンの世紀 アメリカ大統領たちの文学思想史』(巽 孝之著、青土社、2002年)、『ユートピアの期限』 (坂上 貴之・宮坂 敬造・巽 孝之・坂本 光著、慶應義塾大学出版会、2002年)、『プログレッシヴ・ロックの哲学 serie aube』(巽 孝之著、平凡社、2002年)、『アメリカ文学史 駆動する物語の時空間』(巽 孝之著、慶応義塾大学出版会、2003年)、『オズのふしぎな魔法使い (アメリカ古典大衆小説コレクション)』(ライマン・フランク ボーム他著、宮本 菜穂子 訳、ウィリアム・ウォレス デンズロウ、巽 孝之、松柏社、2003年) 、『高い城・文学エッセイ (スタニスワフ・レム コレクション)』 (スタニスワフ レム著、沼野 充義・巽 孝之・芝田 文乃・加藤 有子・井上 暁子訳、国書刊行会、2004年)、『幸福の逆説』(巽 孝之 他編著、慶応義塾大学出版会、2005年)、『ニュー・アメリカニズム 増補新版 米文学思想史の物語学』(巽 孝之著、青土社、2005年)、『「白鯨」アメリカン・スタディーズ 理想の教室』(巽 孝之著、みすず書房、2005年)、『アメリカの文明と自画像 シリーズ・アメリカ研究の越境 第 1巻』(上杉 忍・巽 孝之編著、ミネルヴァ書房、2006年)、『人造美女は可能か?』(巽 孝之・荻野 アンナ編、立仙 順朗 他著、慶応義塾大学出版会、2006年)、『情の技法』(坂本 光・宮坂 敬造・巽 孝之・坂上 貴之・岡田 光弘編、慶應義塾大学出版会、2006年)、『アヴァン・ポップ 増補新版』(ラリイ・マキャフリイ著、巽 孝之・越川 芳明編、北星堂書店、2007年)、『D.H.ロレンスとアメリカ/帝国』 (富山 太佳夫・立石 弘道・宇野 邦一・巽 孝之 編、慶応義塾大学出版会、2008年)、『反知性の帝国 アメリカ・文学・精神史』(巽 孝之編、南雲堂、2008年)『カート・ヴォネガット(現代作家ガイド6)』(監修、彩流社、2012年)などがある。

新島 進(ニイジマ ススム)

1969年、埼玉県生まれ。慶応義塾大学卒業。慶応義塾大学大学院文学研究科(仏文学専攻)修士課程修了。現在、フランス,レンヌ第二大学DEA課程在籍中、専門はレイモン・ルーセル。
論文に「脅かされる独身者」(「ユリイカ」特集ポスト・サイバーパンク,1993年12月号)。



▲ページの上端へ