南京大虐殺記念館からはじまった MANGA DIPLOMACY漫画家たちのマンガ外交
石川 好:著, こどもくらぶ:編
発行:彩流社
この版元の本一覧
A5判 144ページ 上製
定価:1,300円+税
ISBN978-4-7791-2155-5 C0020
在庫あり
奥付の初版発行年月:2015年07月
書店発売日:2015年07月06日

紹介

大宅壮一ノンフィクション作家が解く、日中草の根外交の方法とは?

「中国とだけは、いつ戦争がはじまるかわからないと、ぼくは思います」
という一文からはじまる、このノンフィクションは、
「わたしは確信をもって言いたい!
日本漫画のユーモアが、その危機を幾分でも軟化させることができると。」
「政府や外務省は『マンガ外交』を本気で考えてみたらどうでしょうか。」と、
結んでいます。
クールジャパンが叫ばれている昨今、この本は、
真に「クール」な「草の根外交」の方法を提案しています。
しかも、内容は非常におもしろい。
ちばてつや先生、森田拳次先生など、多くの一流漫画家が
ユーモラスに、そしてシリアスに登場!
中学・高校生はもちろん、大人やお年寄りが読んでも、
読みごたえがあります。
一方、ルビもつけて小学生にも読んでもらえるようにしてあります。

目次

第一章 日本の漫画家、南京大虐殺記念館へ
侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館とは?/
「南京事件を取り上げる必要はありません」と言われ/
白い上下の素敵なスーツ姿のちばてつや/
高倉健さんの文にちばてつやの絵/南京を選んだ理由/
大人気で会期の延長、再延長/MANGA DIPLOMACY(マンガ外交)

第二章 人民日報社から翻訳書が出た!
漫画・アニメはキラーコンテンツ/「南京大虐殺」の犠牲者数は?/
八月十五日は中国が日本軍の空襲を受けた日だった!/
ちばさん、森田さんの顔つきが変わった瞬間

第三章 「中国引揚げ漫画家の会」と「私の八月十五日の会」
『漫衆少年史「だめ夫伝」』という森田拳次の自伝/
「オレたちは満州育ちだ。それでいいのだ」/日本を巡回した原画展/
『私の八月十五日』から/「記憶の奥の奉天」森田拳次/
「赤い空とカラス」赤塚不二夫/「その年の冬」ちばてつや/
「ナツメの木の上で思い知った敗戦」横山孝雄/
「子供の時代」バロン吉元/「皆で死にましょう」山口太一

結び
「第二次国交正常化」とは?/対立と対決を回避できる唯一の手段/
積極的なのは、常に中国側/ぼくの夢は、限りがありません

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

石川 好(イシカワ ヨシミ)

1947 年東京都大島町生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。
89 年『ストロベリー・ロード』で第20回大宅壮一ノンフィクション賞。
新日中友好21世紀委員会委員、
秋田公立美術工芸短期大学学長などを歴任。
主な著書に『60 年代って何?』(岩波書店)、
『中国という難問 生活人新書』(日本放送出版協会)、
『漫画家たちの「8・15」 中国で日本人の戦争体験を語る』
(潮出版社)ほか多数。

こどもくらぶ(コドモクラブ)

あそび・教育・福祉分野で、子どもに関する書籍を企画・編集
しているエヌ・アンド・エス企画編集室の愛称。
図書館用書籍として、毎年10~ 20 シリーズを
企画・編集している。これまでの作品は1000 タイトルを超す。



▲ページの上端へ