歴史的伝統と国民形成の狭間リトアニア
早坂 眞理:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
A5判 541ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-7791-2340-5 C0022
在庫あり
奥付の初版発行年月:2017年07月
書店発売日:2017年07月29日

紹介

大国に囲まれた小国=境界領域の国民形成の
アイデンティティを求める活動は多岐にわたるが、
ナショナリズムを含めて往々にして分断に及ぶ。

特にリトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、
ポーランド地域の歴史は複雑に錯綜し、
様々な政治権力が絡み合う。

本書は、そうした歴史潮流において、
元々、「歴史的リトアニア」という
多元文化社会を元にした郷土理念が
底流にある人物の思想と行動、また、
その郷土理念が影響する政治の流れや、
それぞれの時代に表出した出来事を
読み解いていくことで
“早坂史学”とも言うべき研究成果を
物した労作である。
東欧・ロシア史研究の基本図書といえる。

目次

【収録内容】

序 章
境界領域出身の歴史家たち

第二章
「歴史的リトアニア」と帝政ロシアの「北西地方」

第三章
リトアニアの民族覚醒とミハウ・レメル
(ミコラス・レメリス)

第四章
ロシア第一次革命に臨むリトアニアの民族運動

第五章
境界領域に生きる人間像

第六章
郷土派群像

第七章
人権派弁護士タデウシュ・ヴルブレフスキ─
─地方自治と民族自決権

第八章
第一次世界大戦から新生国家の誕生へ
──民族対立の葛藤

第九章
ヴィルノ問題をめぐる駆け引き

第十章
ヨーロッパへの回帰

終 章
郷土理念のイデオロギー性

著者プロフィール

早坂 眞理(ハヤサカ マコト)

Makoto Hayasaka.
はやさか まこと
東京工業大学名誉教授。
著書に『イスタンブル東方機関』(筑摩書房)、
『ウクライナ』(リブロポート)、
『革命独裁の史的研究』(多賀出版)、
『ベラルーシ』(彩流社)などがあり、
翻訳書に『憐れみと縛り首』(平凡社)、
『スラヴ世界』(彩流社)などがある。



▲ページの上端へ