なつかしの通勤電車(関東編)
広岡 友紀:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
A5判 84ページ 並製
定価:1,700円+税
ISBN978-4-7791-2349-8 C0026
在庫あり
奥付の初版発行年月:2017年09月
書店発売日:2017年09月22日

紹介

昭和30~50年代に活躍した、
東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に走った
私鉄の通勤・通学電車。

なつかしの車両とターミナル駅周辺の情景。

高度経済成長期を支えた車両と風景等々、

著者の女性らしい暮らしの変化への視点と
読者を引きつける目からウロコの文章で
昭和の懐かしい通勤風景が甦ります。

巻頭にカラーページ有りです。

目次

第1章

首都圓通勤事情の変遷
1960年…通勤輸送が変わった
あの日、あの頃――思い出のターミナル・新宿
あの日、あの頃――思い出のターミナル・渋谷
あの日、あの頃――思い出のターミナル・池袋

第2章

通勤形車両の歩み
東武鉄道
(7300系・7800系・8000系)
西武鉄道
(351形(クモハ351形)
・501系(クモハ501形、サハ1501形)
・4-51系(クモハ451形、サハ1471形、クハl471形)
・411系(クモハ411形、クハ1451形)
・801系(モハ801形、クハ801形)
京王電鉄(当時は京王帝都電鉄)
(2600系・2700系・2000系・2010系・5000系・5100系)
小田急電鉄
(1800系・2600系・5000 系)
東京急行電鉄
(5000系(初代)・7000系(初代))
京浜急行電鉄
(1000形(初代)
京成電鉄
(3000形(初代)・750形
相模鉄道
(6000系)

著者プロフィール

広岡 友紀(ヒロオカ ユキ)

ひろおか・ゆき
鉄道・航空評論家。全国の鉄道関係の著書多数。
財界・ホテル問題にも詳しい。
著書:『THE京王電鉄』『THE京急電鉄』
『THE小田急電鉄』『THE東急電鉄』
『THE西武鉄道』『THE 東武鉄道』
『THE 相模鉄道』『THE 京成電鉄』
『THE 阪神電鉄』『THE 京阪電鉄』
『THE 南海電鉄』『THE 阪急電鉄』
(「THE 民鉄」シリーズ)、
『リゾート開発と鉄道財閥秘史』(彩流社)、
『西武鉄道』『京王電鉄』『小田急電鉄』ほか
「日本の私鉄」シリーズ(以上、毎日新聞社)、
『大手私鉄比較探見 東日本編―
首都圏10社の車両・ダイヤ・ターミナル…』、同西日本編、
『西武鉄道まるごと探見』(以上、JTBパブリッシング)、
『「西武」堤一族支配の崩壊』(さくら舎)など。



▲ページの上端へ