マチルダ
メアリー・シェリー:著, 市川 純:訳
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 203ページ 上製
定価:1,900円+税
ISBN978-4-7791-2414-3 C0097
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年01月
書店発売日:2018年01月22日

紹介

『フランケンシュタイン』出版の翌年、
メアリー・シェリーが執筆したのは
父と娘の近親相姦を描いた小説だった。


娘に禁断の愛情を抱いた父、またそのような異常な愛を
引き起こし、さらには父を追い詰めてしまった娘、
その両者の激しい苦悶と悲劇が切々と綴られた本作は、
その内容からゴドウィンが原稿を預かったまま返さず、
1959年まで出版されなかった。
『フランケンシュタイン』や『最後のひとり』に次いで
読者を刺激し続けてきた、問題の多い作品の初邦訳!

さらに、シェリーが友人の娘のために執筆し、
その原稿が1997年に初めて見つかった
児童文学的短編小説『モーリス』の本邦初訳も付す。

『フランケンシュタイン』の作家の知られざる問題作!

著者プロフィール

メアリー・シェリー(メアリー シェリー)

Mary Wollstonecraft Godwin Shelley.
(1797-1851)
政治思想家で作家のウィリアム・ゴドウィンと
女権拡張論者で作家であるメアリー・ウルストンクラフト
の間にロンドンで生まれる。
急進的思想を持ってゴドウィンの思想に共鳴した
ロマン主義詩人パーシー・ビッシュ・シェリーと
駆け落ちの末、結婚。
1818年に初の小説『フランケンシュタイン』を出版して
一躍有名になる。
その後、ゴシックな作品のみならず、歴史小説や
ヴィクトリア時代風の家族的なテーマを扱った小説、
さらには人物伝、旅行記など、多彩な執筆活動を行った。
そこでは西洋古典から同時代のヨーロッパ文芸にまで
至る該博な知識と、欧州様々な土地での体験が
ふんだんに発揮されている。
また、夫亡き後はその作品を整理して
詩集の編集・出版にも尽力した。

市川 純(イチカワ ジュン)

Jun Ichikawa.
いちかわ・じゅん
立教大学大学院文学研究科、
博士前期課程修了。
早稲田大学大学院教育学研究科、
博士後期課程単位取得満期退学。博士(学術 早稲田大学)。
早稲田大学教育学部助手などを経て、
現在、日本体育大学体育学部助教。
専門は十八、十九世紀英文学。ゴシック・ロマンスと
現代の表象文化との繋がりにも関心がある。
共著に『メアリー・シェリー研究――
「フランケンシュタイン」作家の全体像』
(木村晶子編、鳳書房)、『知の冒険――
イギリス・ロマン派文学を読み解く』
(共編著、音羽書房鶴見書店)など、
訳書にはクライヴ・アンガー=ハミルトン
『西洋音楽史II――バロックの音楽』
(学研パブリッシング)、
クリスティナ・ロセッティ
『不思議なおしゃべり仲間たち』(レベル)がある。



▲ページの上端へ