大衆娯楽映画のなかの「1968」〈越境〉の時代
小野沢 稔彦:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 261ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7791-2437-2 C0074
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年02月
書店発売日:2018年02月08日

紹介

「1968年」は世界の若者たちの意識が連動した
「革命」の時代だった!

パリ5月革命に端を発し、無数の問いが噴出した
「運動」から来年で50年。
本書が目指すのは、「映画」に内包された
〈この時代〉の課題を取り出し、それを問い直し、
激動の「時代(1968)」の文化として政治的に見つめ、
いまもなお持続する「問い」として
正面から思考する試みなのである。

目次

第1章 愛は国家を刺し貫くか 女が男社会を突き崩す
──浅丘ルリ子の『執炎』(監督・蔵原惟繕)

第2章 ポスト3・11 の今日に
作為されたヒロシマのイメージを超えて
──メロドラマの内在的批判

第3章 映画と「昭和史」を解体する爆笑喜劇
戦後史的課題と向き合う
──『グラマ島の誘惑』(監督・川島雄三)

第4章 「知」の権力性を暴く 自明とされる世界を疑う
──『偽大学生』(監督・増村保造)

第5章 映画が作った「労働者」神話を超えて
社会の余計者が日本の戦後を覆す
──『嵐を呼ぶ十八人』(監督・吉田喜重)

第6章 戦後世界とポスト植民地主義戦争
社会派任侠映画のアポリア
──『男の顔は履歴書』(監督・加藤泰)

著者プロフィール

小野沢 稔彦(オノザワ ナルヒコ)

ONOZAWA Naruhiko.
おのざわ・なるひこ
1947年、埼玉県生まれ。
映画プロデューサー、監督、脚本家、批評家。
主な著書に『大島渚の時代』(毎日新聞社)、
『燃ゆる海峡―NDUと布川徹郎の映画/運動に向けて』
(共著、インパクト出版会)、
『境界の映画/映画の境界』(れんが書房新社)等がある。



▲ページの上端へ