装丁、あれこれ
桂川 潤:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 211ページ 並製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-7791-2438-9 C0095
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年01月
書店発売日:2018年01月25日

紹介

本に生命を吹き込む「装丁」という仕事。

その過程から紡ぎ出される
「装丁」論および「出版文化」論。

「本」をめぐる真摯なる問い。
「理想の装丁とは何か」を徹底的に考える。

「装丁家」と名乗っても、まず何の仕事か
理解してもらえない。
「ブックデザイナー」と言いかえると
少しは通じるけれど、今度は
「本のデザインって、いったい何をデザインするんですか」
と訊ねられる。
かみさんは、わたしがこの仕事をするまで
「装丁」という職能を知らなかった。
「じゃ、本の《顔》と《姿かたち》を、
誰が考え出すんだい」と訊ねたら、
「そんなの自然に出来ると思っていた」と返されて絶句した。
だが、言われてみると、いっさいの作為を感じさせず、
自ずから生じたように映る装丁こそ、理想の装丁かも知れない。
(『図書』2014年11月号)

著者プロフィール

桂川 潤(カツラガワ ジュン)

かつらがわ じゅん
装丁家、イラストレーター。
1958年東京生まれ。
立教大学大学院文学研究科修士課程修了。
キリスト教系NGOや研究所の勤務を経て、
1995年からブックデザイン(装丁)の仕事をはじめる。
『吉村昭歴史小説集成』(岩波書店)の装丁で
第44回(2010年)造本装幀コンクール
日本書籍出版協会理事長賞(事典・全集部門)を受賞。
「世界でもっとも美しい本」(於:ライプチヒ)等で
展示される。
著書に『本は物(モノ)である──装丁という仕事』
(新曜社/2010年)、
共著書に『本は、これから』
(池澤夏樹=編/岩波新書/ 2010年)、
『人権とキリスト教』
(明治学院大学キリスト教研究所=編/教文館/1993年)、
共訳書に『民衆神学を語る』
(安炳茂=著/新教出版社/1992年)等がある。



▲ページの上端へ