記憶と歴史現代イギリス小説の「今」
河内 恵子:編著
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 312ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-7791-2473-0 C0098
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年04月
書店発売日:2018年04月26日

紹介

21世紀の現代作家は、
20世紀をどのように捉えているのか。

「記憶と歴史」をテーマに、
「現代イギリス小説」の「今」を論じる。

2000年以降の世界とイギリスの動きを伝える年表、
作家名・作品名リスト付!

本書に登場する主な現代作家

パット・バーカー(1943-)、
イアン・マキューアン(1948-)、
カズオ・イシグロ(1954-)、
アリ・スミス(1962-)、
サラ・ウォーターズ(1966-)、
デイヴィッド・ミッチェル(1969-)、
トム・マッカーシー(1969-)、
カーミラ・シャムシー(1973-)、
チャイナ・ミエヴィル(1972-)

目次

収録内容

第1章 記憶のカモフラージュ
──パット・バーカーと戦争
……【河内 恵子/慶應義塾大学文学部教授】

第2章 テロの記憶と日常性
――イアン・マキューアン『土曜日』試論
……【田尻 芳樹/東京大学大学院総合文化研究科教授】

第3章 記憶のテクスチュア
――カズオ・イシグロの「日本」
……【遠藤 不比人/成蹊大学文学部教授】

第4章 不安(定)な命を生きる
――アリ・スミスが描く時間・亡霊・セクシュアリティ
……【生駒 夏美/国際基督教大学教養学部教授】

第5章 郊外の不気味なレズビアン・ゴシック
――サラ・ウォーターズの『寄宿人たち』
……【大石 和欣/東京大学大学院総合文化研究科教授】

第6章 惑星的規模の個人的記憶
──デイヴィッド・ミッチェルと記憶
……【板倉 厳一郎/関西大学文学部教授】

第7章 記憶をなくす、つなぐ、でっちあげる
──マッカーシー、シャムシー、ミエヴィル
……【板倉 厳一郎/同上】

版元から一言

◉書評……図書新聞/原田範行氏(2018年8月18日)

著者プロフィール

河内 恵子(カワチ ケイコ)

かわち・けいこ
慶應義塾大学文学部教授。
【著書】
『深淵の旅人たち──ワイルドとF.M.フォードを中心に』
(慶應義塾大学出版会、2004)、
『西部戦線異状あり』(編著、慶應義塾大学出版会、2011)、
『オスカー・ワイルドの世界』(共編著、開文社、2013)、ほか。
【訳書】
ジャイルズ・ブランドレス
『オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件』
(国書刊行会、2010)、ほか。



▲ページの上端へ