上智英文90年
高柳 俊一:監修, 巽 孝之:監修, 上智大学文学部英文学科同窓会:編集
発行:彩流社
この版元の本一覧
A5判 248ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-7791-2487-7 C0098
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年05月
書店発売日:2018年05月28日

紹介

扉を開けると、そこは何処にもない国だった。
 
ドイツ系英文学者ニコラス・ロゲンと
比較文学者ヨゼフ・ロゲンドルフが基礎を作り、

英米の学匠司祭ピーター・ミルワードやフランシス・マシー、
ウィリアム・カリーが教室を賑わせ、
そんな独自の国際的時空間から、
やがて刈田元司や安西徹雄、渡部昇一など我が国を代表する
英語英米文学者たちが教育と研究に邁進し、
数々の逸材を世に送り出した。

何処にもない英文学科の黎明から黄金時代へ、
そして現在に至る90年の歩みの集大成!

創立当時からの貴重な資料や写真をはじめ、
各年代の学長・学部長・学科長の年譜のほか、

高柳俊一上智大学名誉教授と
巽孝之慶應義塾大学教授・英文学科同窓会会長による
特別対談「上智英文90 年---- 黎明から黄金時代へ」
が巻頭を飾ります。

またロゲンドルフ先生、刈田元司先生、
ピーター・ミルワード先生、渡部昇一先生から
ウィリアム・カリー先生まで
英文学科をリードしてきてくださった先生方のプロファイル
など盛りだくさん内容となっています。

さらに第一線で活躍されている卒業生から
学生時代の思い出や学生へのメッセージも多数掲載!
元ファーストレディの細川佳代子氏、
国会議員の今井雅人氏、
ジャーナリストの松本方哉氏、
作家の諸田玲子氏、
歌人の穂村弘氏、
作詞家の売野雅勇氏など
多くの方々からのインタビューや寄稿も掲載予定です。

著者プロフィール

高柳 俊一(タカヤナギ シュンイチ)

たかやなぎ・しゅんいち
上智大学名誉教授。
1954年、上智大学文学部英文科卒業。
フォーダム大学大学院から博士号。
上智大学文学部英文学科教授を務め、
キリスト教神学、T・S・エリオットなど英文学に
ついて多く著作がある。

巽 孝之(タツミ タカユキ)

たつみ・たかゆき
慶應義塾大学文学部教授。
1978年、上智大学文学部英文学科卒業。
1983年、同大学院博士課程を単位取得満期退学。
1987年8月、コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。
専門のアメリカ文学、現代批評理論を中心に著訳書多数。



▲ページの上端へ