現代批評理論の展開差異を読む(仮)
武田 悠一:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 304ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7791-2547-8 C0090
近刊
奥付の初版発行年月:2018年12月
書店発売日:2018年12月21日

紹介

「文学理論」の「定番」をわかりやすく解説し、
好評の入門書『読むことの可能性』(2017年刊)。

続編の本書では、脱構築以降の文学理論の流れを解説、
具体的なテクストをめぐって、フェミニズム批評、
ジェンダー批評、クィア批評、ポストコロニアル批評を実践します!

大学の授業を想定した「ですます調」で読みやすく!

各章に、解説を補強する「Q&A」付! 

作家や作品、文献情報、批評用語を解説した丁寧な「注」で
さらにわかりやすく!

ディズニー、『フランケンシュタイン』、『海辺のカフカ』、
萩尾望都等、身近な作品を例に!

著者自身が長年、探し求めていた文学理論の「解説・入門書」!

目次

第1章 フェミニズム批評

フェミニズムとは?
フェミニズムは終わったか?
一つではないフェミニズム批評理、ほか

第2章 『オーランドー』を読む/観る

小説と映画
セックスとジェンダーの境界を超えた
「両性具有(アンドロジニー)」、ほか

第3章 ジェンダー批評

ジェンダー概念
「1セックス」的身体観
〈人間=男〉であることへの問い、ほか

第4章 『闇の左手』を読む

両性具有の異星人
言語と性差
「男の絆」の危機?
ジェンダーへの問い、ほか

第5章 クィア批評

クィアとは?
ファッションのクィア・リーディング
『こゝろ』のクィア・リーディング、ほか

第6章 ポストコロニアル批評

脱構築とフェミニズム
オリエンタリズム
西洋の妄想
植民地起源神話、ほか

エピローグ アダプテーション批評

文学の力
アダプテーション批評とは?
増殖するテクスト
未来の批評、ほか

著者プロフィール

武田 悠一(タケダ ユウイチ)

たけだ・ゆういち
元南山大学教授。
著書に
『ジェンダーは超えられるか──新しい文学批評に向けて』
(編著、彩流社、2000年)、
『読みの抗争──現代批評のレトリック』
(彩流社、2012年)、
『フランケンシュタインとは何か──怪物の倫理学』
(彩流社、2014年)、
『増殖するフランケンシュタイン──批評とアダプテーション』
(共編著、彩流社、2017年)、
『読むことの可能性──文学理論への招待』
(彩流社、2017年)、
『アダプテーションとは何か──文学/映画批評の理論と実践』
(共編著、世織書房、2017年)、
『アレゴリーで読むアメリカ/文学
――ジェンダーとゴシックの修辞学』(春風社、2017年)ほか。



▲ページの上端へ