J−POP文化論
宮入 恭平:著
発行:彩流社
この版元の本一覧
四六判 204ページ 並製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-7791-7031-7 C0373
在庫あり
奥付の初版発行年月:2015年06月
書店発売日:2015年06月09日

紹介

音楽論の古典、ベンヤミンやアドルノの思想を超えて!

本書は「社会背景がJ - POPに影響をもたらす」という視座にもとづいて
J - POPについて、これまで行われてきた数多ある議論を再確認。
社会科学的アプローチ、さらに独自の調査法を用いて、
J - POPが産業によってつくられる商品であることを前提として
ポピュラー音楽論を検証する。
時代の変化にともなって変容する
社会環境とアイデンティティの関連を考察し、J - POPの
アイデンティティを明らかにする。
「平成」という時代とともに歩んできた大衆歌謡であるJ - POPを
「平成歌謡」と位置づける。

目次

(序)J - POPを再考する
(1章)J -POPをめぐる諸相
(2章)工業製品としてのJ - POP
(3章)ジャンル概念の混乱
(4章)J - POPの存在価値
(5章)アイデンティティの行方
(6章)J - POPの立ち位置
(7章)「J」が意味するもの
(8章)「平成歌謡」J - POP

著者プロフィール

宮入 恭平(ミヤイリ キョウヘイ)

1968 年生まれ。
法政大学大学院兼任講師、明治学院大学、国立音楽大学ほか
非常勤講師。専攻は社会学、ポピュラー文化研究、
カルチュラル・スタディーズ。
著書に『ライブハウス文化論』、編著に『発表会文化論』、
共編著に『「文化系」学生のレポート・卒論術』、
共著に『ライブシーンよ、どこへいく』(いずれも青弓社)、
翻訳書にスージー・ J・タネンバウム
『地下鉄のミュージシャン』(朝日新聞出版)など。



▲ページの上端へ