西瓜エレジー 北野敏子短編小説・エッセイ集
北野 敏子:著
発行:本の泉社   発売:本の泉社
この版元の本一覧
四六判 192ページ 上製
定価:1,429円+税
ISBN978-4-7807-0466-2 C0093

奥付の初版発行年月:2010年06月
書店発売日:2010年06月04日

紹介

 北野敏子は不思議な女性である。基本的には世話焼きの「おばちゃん」で、それもかなり度を越している。
 『西瓜エレジー』にみられるちょっと可笑しく、たっぷり切ない作品は「病気」であっても「病人」ではない彼女の証であり、私はたくさんの勇気をもらった。(──「『西瓜エレジー』に寄せて 草川八重子」より)

目次

 ──小説──
春の雪踏む …………………………………………………………… 7
西瓜エレジー ………………………………………………………… 25
少年B ………………………………………………………………… 34
伯父の巻爪 …………………………………………………………… 50
遺したものは ………………………………………………………… 75
謝罪 …………………………………………………………………… 93
去年の花見 …………………………………………………………… 111
只今生存中 …………………………………………………………… 129

 ──エッセイ──
くぎ煮 ………………………………………………………………… 147
中殺界って何よ ……………………………………………………… 151
二月になって思ったこと 〜退職後はじめての年〜 …………… 153
道後松山で想ったこと ……………………………………………… 157
透析のあとで ………………………………………………………… 160
帯状疱疹(ヘルペス) ………………………………………………… 164
年頭に思うこと ……………………………………………………… 170

今、思っていること =出版にあたって= ……………………… 173

「西瓜エレジー」に寄せて ──草川八重子 ……………………… 183

 初出一覧 …………………………………………………………… 187

前書きなど

 いつか小説が書けるようになったら、私はこの題で小説を書こうと夢みてきた。書けるようになって書いているわけではないが、命が消えそうな状態なので、今書かなかったら、いつ書くのという具合なので書いた。母への思い出は限りない。でも息子たちは私をどう思っているのかな。まあいいか。自然な巡りあわせの親子。一生懸命できることはしたのだからと思う。
──「今思っていること =出版にあたって=」より

関連リンク

本の泉社

著者プロフィール

北野 敏子(キタノ トシコ)

1948年9月19日生まれ。
1971年7月結婚のため神戸へ。
神戸がんセンターに転勤。
1976年5月県立成人病センターへ転勤。
2006年3月県立成人病センターを病気療養のため退職。
関西文学教室 第2期生
文学同盟神戸支部に所属し、後に民主主義文学界北大阪支部に移籍し、現在に至る。
著書
『時を抱く──北野敏子短編小説集』(2006年、本の泉社)



▲ページの上端へ