時の丘邊に佇めば ──英文学の原風景を眺めつつ──
東郷 秀光:著
発行:本の泉社   発売:本の泉社
この版元の本一覧
A5判 224ページ 上製
定価:1,905円+税
ISBN978-4-7807-0604-8 C0095
在庫あり
奥付の初版発行年月:2011年01月
書店発売日:2011年02月20日

紹介

ロンドンへ留学した著者が綴った青春の著作!
 本書の表題は、東北大学・明善寮第34回記念祭歌「散りにし花は」の5番の一節です。
 私は1953年に東北大学文学部に入学し、三神峯明善寮に入寮しました。そこでの輝かしい青春の日々の想い出のためにこの表現を借用しました。本書には三神峯明善寮の生活は出てきませんが、ここに表れる態度は寮の生活態度そのものです。これはロンドンで数年間生活したくらいでは変わるものではありませんでした。        ──「あとがき」より

目次

Contents
Part A
 Part A-1 研究の方法、研究の意義を求めつつ
      ──『嵐が丘』、『メアリ・バートン』、『ハムレット』を中心に── 
 Part A-2 英文学、現実と理想
 Part A-3 マンチェスターとギャスケル夫人
 Part A-4 英文学に描かれた戦争 ──日本軍が登場する二つの作品──
Part B
 Part B-1 作家訪問記 Part B-2 英文学の原風景
 Part B-3 レター・フロム・ロンドン Part B-4 ロンドンからの手紙
 Part B-5 イギリス大学ユニオン訪問記
 Part B-6 『鱓の呟き その二』について ──書評から論評へ、そして追悼へ──

関連リンク

本の泉社

著者プロフィール

東郷 秀光(トウゴウ ヒデミツ)


東郷秀光(とうごう・ひでみつ)

著者略歴
 1935年2月 栃木県芳賀郡中川村に生まれる
 1953年3月 栃木県立茂木高等学校卒業
 1957年3月 東北大学文学部英文学科卒業
 1965年3月 東京教育大学大学院博士課程2年中退
 1957年4月 栃木県立真岡高等学校教諭
 1960年3月 栃木県立真岡高等学校教諭退職
 1965年4月 東京電機大学専任講師
 1973年4月 慶應義塾大学助教授
 1997年3月 慶應義塾大学教授退職
        (慶應義塾大学名誉教授)
 1997年4月 明海大学教授
 2005年3月 明海大学教授退職(明海大学名誉教授)
 2006年9月 武蔵野外語専門学校校長
       現在に至る
主な著書
 HOW LIFE GOES (単著 光陽出版 1989年)
 『私の英文学』(単著 本の泉社 2007年)
 『世界短編名作選』イギリス編
(共著 新日本出版社 1978年)
 『いま英米文学をどう読むか』
(共著 三友社出版 1981年)
 『英米文学 名作への散歩道』
  イギリス編(共著 三友社出版 1983年)
 『なぜ「日陰者ジュード」を読むか』
(共著 英宝社 1997年)
翻訳書
 ジョン・ケアリ著『知識人と大衆』
(単訳 大月書店 2000年)
 E・ギャスケル著『やっと順調に』
(単訳 大阪教育図書 2009年)
 E・ギャスケル著『妻たちと娘たち』
(共訳 大阪教育図書 2006年)



▲ページの上端へ