「いじめ・自殺事件」の深層を考えるー岩手県矢巾町『いじめ・自殺』を中心としてー
増田修治:著
発行:本の泉社  発売:本の泉社
この版元の本一覧
四六判 264ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7807-1640-5 C0037
近刊
奥付の初版発行年月:2017年08月
書店発売日:2017年08月22日

紹介

《特別寄稿》
毎日新聞前東京社会部記者 三木陽介氏
毎日新聞前盛岡支局記者 二村祐士朗氏

前書きなど

人の命の重みを噛みしめる社会であって欲しい。そう願って、この本を書くことにした。一つの事件を深く追いかけることで、子どもを深く理解するための視点や教訓、いじめをなくしていくための方法等を引き出し、学校現場にいくらかでも寄与できることを願っている。
(「はじめに」より)

関連リンク

本の泉社

著者プロフィール

増田修治(マスダシュウジ)

1958年生まれ。
2014年4月〜 白梅学園大学子ども学部子ども学科教授。
2017年4月〜 白梅学園大学「教職教育・研究センター長」兼務。



▲ページの上端へ