経済・社会と医師たちの交差 ーペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち
日野 秀逸:著
発行:本の泉社  発売:本の泉社
この版元の本一覧
四六判 176ページ 並製
定価:1,300円+税
ISBN978-4-7807-1653-5 C0036
近刊
奥付の初版発行年月:2017年10月
書店発売日:2017年10月18日

紹介

本書では、マルクスとエンゲルスの健康観や疫病観を論じている。彼らは、青年時代から、動物一般と区別される「人間らしさ」とは何か、という問いを提起し、深く考察しつづけた。そこでは、類的本質を拘束された生命、さらにいえば、人間の普遍的あり方を阻まれた生命が病気なのであり、人間の普遍的あり方の中心には、自然の変革、社会の変革、自己自身の変革(発達)という変革があることを確認している。(「序に代えて」より)

目次

Ⅰ部 マルクス・エンゲルスと医師・医学
Ⅱ部 日本における先駆者たちー安藤昌益と後藤新平

関連リンク

本の泉社

著者プロフィール

日野 秀逸(ヒノ シュウイツ)

1945年宮城県石巻市生まれ。医師、医学博士(大阪大学)、経済学博士(東北大学)。



▲ページの上端へ