自力でいどみ、他力にたより 車いす巡礼・可能性への挑戦
滝口仲秋:著
発行:本の泉社  発売:本の泉社
この版元の本一覧
四六判 184ページ 上製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7807-1682-5 C0093
近刊
奥付の初版発行年月:2018年03月
書店発売日:2018年04月10日

紹介

本書から、たくさんの生きる勇気と感動を戴きました(日本パラ陸上競技連盟副理事長 花岡伸和)

前書きなど

ぼくは、立つこと・座ること・歩くこともできない車いすユーザーだ。
〜〜〜
お遍路さんは、静かな自分の心を拠り所にし、仏の智恵を頼りに粛々と歩むという。そう思ったら自分もお遍路の仲間入りをしたくなった。「ぼくにもまだ行ける所があるはずだ」という気力が芽生えたのだ。(「まえがき」より抜粋)

関連リンク

本の泉社

著者プロフィール

滝口仲秋(タキグチナカアキ)

1936年、千葉県いすみ市生まれ。教職につく。30歳代半ばで難病・脊髄腫瘍におかされ、4回の大手術をほどこす。両足が完全マヒの車いす生活になり、途中で仕事を辞める。現在、残された機能をフルに使い、可能な旅に出かけたり、ボランティア・障害者相談員活動をしたりし、日々、自分なりの楽しみを創っている。



▲ページの上端へ