散文精神について
広津 和郎:著
発行:本の泉社  発売:本の泉社
この版元の本一覧
四六判 256ページ 上製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-7807-1905-5 C0095
近刊
奥付の初版発行年月:2018年09月
書店発売日:2018年09月27日

紹介

「みだりに悲観もせず、楽観もせず」ー散文精神を戦時下の抵抗軸として掲げた広津和郎 没後50年 あらためて現代を見つめなおす 文学と人生を思い、政治を考える

前書きなど

本書は1947年6月に新生社から出版された『広津和郎評論集 散文精神について』に収録された論考に、新たに「散文精神について」「散文芸術について」「再び散文芸術について」を加えて成り立っている。
本書に収められた論考で最も早いものは、1924年9月の『新潮』に発表された「散文芸術の位置」、発表時期が最も遅いものは1944年7月の『八雲』に発表された「徳田秋声論」である。
(「解説 広津和郎の散文精神について」より抜粋)

関連リンク

本の泉社

著者プロフィール

広津 和郎(ヒロツ カズオ)

作家、評論家



▲ページの上端へ