懐風藻 古代日本漢詩を読む
辰巳 正明:著
発行:新典社
この版元の本一覧
A5判 392ページ 並製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-7879-0646-5 C1095
在庫あり
奥付の初版発行年月:2019年01月
書店発売日:2019年01月22日

紹介

現存する最古の漢詩集『懐風藻』について、全注釈の成果を踏まえ、原文・訓読・現代語訳・校異・解説を完備しながら読みやすい体裁を実現した、漢詩を学ぶ人、飛鳥・奈良朝の文学を学ぶ人にとって必携の一冊。

目次

 懐風藻目次
解題
 ⅰ 成立と背景/ⅱ 詩形と詩題/ⅲ 対句表現/ⅳ 時代区分/
 ⅴ 出典語彙の傾向/ⅵ 懐風藻の伝来/ⅶ 懐風藻の基本図書
 凡例
懐風藻 古代日本漢詩を読む
 懐風藻序
 懐風藻目録
 懐風藻
 奥書
 あとがき
 漢詩詩語索引

著者プロフィール

辰巳 正明(タツミ マサアキ)

辰巳 正明(たつみ まさあき)
1945年1月30日 北海道生まれ
1973年3月31日 成城大学大学院博士課程満期退学
現職 國學院大學名誉教授
学位 博士(文学・成城大学)
著書
『万葉集と中国文学』『万葉集と中国文学 第二』『詩の起原 東アジア文化圏の恋愛詩』『万葉集に会いたい。』『短歌学入門 万葉集から始まる〈短歌革新〉の歴史』
『詩霊論 人はなぜ詩に感動するのか』『折口信夫 東アジア文化と日本学の成立』『万葉集の歴史 日本人が歌によって築いた原初のヒストリー』『懐風藻全注釈』『王梵志詩集注釈』(以上,笠間書院)
『長屋王とその時代』『歌垣 恋歌の奇祭をたずねて』(以上,新典社)『万葉集と比較詩学』(おうふう)『悲劇の宰相長屋王 古代の文学サロンと政治』(講談社)
編著
『懐風藻 漢字文化圏の中の古代漢詩』『懐風藻 日本的自然観はどのように成立したか』(以上,笠間書院)
『郷歌 注解と研究』『古事記歌謡注釈 歌謡の理論から読み解く古代歌謡の全貌』(以上,新典社)
『万葉集歌人集成』(講談社)『万葉集辞典』(武蔵野書院)



▲ページの上端へ