古代中世文学論考 第36集
古代中世文学論考刊行委員会:編
発行:新典社
この版元の本一覧
A5判 312ページ 上製
定価:6,400円+税
ISBN978-4-7879-3536-6 C3395
近刊
奥付の初版発行年月:2018年03月
書店発売日:2018年03月22日

紹介

日本古代から中世の文学を扱う投稿論集、第36集。大伴坂上郎女の「祭神歌」を読む・野口恵子/懐風藻校本本文篇三・土佐朋子/『源氏物語』における浮舟の「峰の雨雲」歌・山崎和子/ほか計8本。

目次

大伴坂上郎女の「祭神歌」を読む―歌と題詞における齟齬をめぐって―(野口恵子)
『万葉集』巻九・一七四二、一七四三番歌に関する一試論―「心悲久 独去児尓 屋戸借申尾」の訓みと解釈を中心に―(桐生貴明)
懐風藻校本 本文篇三(土佐朋子)
『伊勢物語』の短章段(近藤さやか)
平安時代にはどのような『伊勢物語』が読まれていたか―『古今集』『源氏物語』『大鏡』との連関―(藤井輝)
柏木物語と『伊勢物語』六十五段(竹田由花子)
『源氏物語』における浮舟の「峰の雨雲」歌―浮舟はいつから死を考えていたのか―(山崎和子)
『源氏物語』における「まもる」―見出される縁と絆―(毛利香奈子)
 執筆者紹介

著者プロフィール

古代中世文学論考刊行委員会(コダイチュウセイブンガクロンコウカンコウイインカイ)

執筆者紹介(掲載順)

野口恵子(のぐちけいこ) 日本大学准教授
桐生貴明(きりゅうたかあき) 茨城工業高等専門学校准教授
土佐朋子(とさともこ) 東京医科歯科大学准教授
近藤さやか(こんどうさやか) 中京大学非常勤講師・中部大学非常勤講師
藤井輝(ふじいひかる) 法政大学大学院博士後期課程
竹田由花子(たけだゆかこ) 学習院大学大学院博士後期課程
山崎和子(やまざきかずこ) 法政大学兼任講師
毛利香奈子(もうりかなこ) 学習院大学大学院博士後期課程



▲ページの上端へ