日本書紀典拠論
山田 純 :著
発行:新典社
この版元の本一覧
A5判 400ページ 上製
定価:11,800円+税
ISBN978-4-7879-4301-9 C3395
在庫あり
奥付の初版発行年月:2018年05月
書店発売日:2018年05月08日

紹介

『日本書紀』にみえる漢籍を典拠とする表現の数々はどのような意図で使用されているのか。
出典文脈との比較を行い、その表現効果を分析することで、『日本書紀』を文学的に読解する。

目次

はじめに―『日本書紀』をめぐる二つの特性―
一、『日本書紀』と漢籍の文脈比較
 本章の概要
 1 鑑の史書―『日本書紀』「雄略紀」と『隋書』「高祖紀」の比較から―
 2 「霊畤」をめぐる〈変成〉―『日本書紀』「神武紀」の「郊祀」記事から―
 ここまでの小結
二、「易姓革命」と『日本書紀』
 本章の概要
 1 「仁徳紀」先行研究の問題点
 2 「鷦鷯」という名の天皇―鳥名と易姓革命―
 3 聖帝の世で、鹿が見た夢
 ここまでの小結
三、「陰陽論」と『日本書紀』
 本章の概要
 1 「日神=姉」の陰陽論―『日本書紀』「神代紀」の思考―
 2 『日本書紀』「神代紀」における「注の注」の機能について
 3 「皇極紀」「斉明紀」における歴史叙述の方法―災異祥瑞記事を中心として―
 4 「白燕」からみる天智称讃の方法―知識と技術から天意を読む治世―
 ここまでの小結
四、「崇神紀」全体の読解―「中国よりも上位の「日本」」へ―
 本章の概要
 1 『日本書紀』「崇神紀」における「撃刀」の典拠―異民族に強い将軍の故事を想起させるもの―
 2 『日本書紀』「崇神紀」が語る祭祀の「歴史」―「崇神紀」と「成帝紀」の比較―
 3 『日本書紀』「崇神紀」における「箸墓伝承」の位置づけ―君臣一体の理想的祭祀実現の「歴史」―
 ここまでの小結
五、『日本書紀』全体の作品論―その可能性へ―
 本章の概要
 『日本書紀』「天皇紀」の「注」を読む―「帝国/蕃国」としての「日本」―
補論―『古事記』論と『風土記』論―
 補論の概要
 1 「日下」をめぐる神話的思考―『古事記』序文の対句表現から―
 2 イスケヨリヒメの聖性―「矢」字の、八世紀的な意義から―
 3 『豊後国風土記』直入郡球覃郷「臭泉」の水神―漢籍の知と神話的思考の融合―
 4 「餅の的」と連想―『豊後国風土記』田野条の読解を通して―
初出一覧
あとがき
索引

著者プロフィール

山田 純 (ヤマダ ジュン)

山田 純(やまだ じゅん)
1977年6月17日 千葉県山武市に生まれる
2000年3月 明治大学文学部史学地理学科卒業
2011年3月 明治大学大学院文学研究科日本文学専攻博士後期課程修了
専攻/学位 上代文学/博士(文学)
現職 相模女子大学学芸学部日本語日本文学科准教授
主論文
「「日本武尊」の延伸性―「景行紀」と「景行記」の差異が織りなす複数の「ヤマトタケル」序論―」(『古代文学』56号 古代文学会)



▲ページの上端へ