太平記における白氏文集受容
金木 利憲:著
発行:新典社
この版元の本一覧
A5判 376ページ 上製
定価:11,000円+税
ISBN978-4-7879-4305-7 C3395
近刊
奥付の初版発行年月:2019年01月
書店発売日:2019年01月22日

紹介

日本文学に多大な影響を与えた漢詩文集『白氏文集』には複数の本文系統が存在する。『太平記』諸本に見える本文引用の状況を元に伝来・流布の過程をたどり、日本の『白氏文集』受容の特性を明らかにする。

目次

序(神鷹徳治)
はじめに『白氏文集』の来歴
第一部 『太平記』における『白氏文集』の引用と系統
 第一章 先行研究整理
 第二章 『太平記』所引『白氏文集』本文の系統
 第三章 引用される『白氏文集』本文から見た『太平記』諸本の系統について
 第四章 『太平記』所引『白氏文集』本文の位置づけ
第二部 日本における『白氏文集』受容の形態
 第一章 『奥入』所引『白氏文集』本文について
 第二章 宮内庁蔵那波本『白氏文集』巻三・四(新楽府)の書入について
 第三章 『白氏文集』本文の日本における受容
おわりに 日本における『白氏文集』の受容について――旧鈔本系・刊本系本文の並存
太平記諸本校異一覧表
附録 「宇宙」の語源と語義の変遷―古代中国語と近代科学用語の接点
初出一覧
参考文献
あとがき
索引

著者プロフィール

金木 利憲(カネキ トシノリ)

金木 利憲(かねき としのり)
1984年10月 千葉県安房郡富山町(現南房総市)に生まれる
2007年3月 明治大学文学部文学科卒業
2015年3月 明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了
専攻 日中比較文学・書誌学
学位 博士(文学)
論文
「藤原定家『奥入』所引の漢籍―『白氏文集』を中心として」(『白居易研究年報』第10号, 2009年12月, 勉誠出版)
「『河海抄』所引の「新楽府」と『源氏物語』」(『白居易研究年報』第12号, 2012年2月, 勉誠出版)
「宮内庁蔵那波本『白氏文集』巻三・四(新楽府)の書き入れについて」(『白居易研究年報』第14号, 2014年1月, 勉誠出版)
「『太平記』に残る漢籍受容の足跡―『白氏文集』の本文系統について―」(『太平記をとらえる』第二巻, 2015年10月, 笠間書院)



▲ページの上端へ