駆けろ、鬼日向 水野勝成
黒川十蔵
発行:叢文社
この版元の本一覧
四六判 320ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7947-0668-3 C0093
近刊
奥付の初版発行年月:2011年11月
書店発売日:2011年12月05日

紹介

明智光秀の朱槍を手に、戦国の世を、己の思うがまま暴れまわった鬼日向。福山城初代城主、波乱の生涯を描く。 16才で勘当され、仙石秀久、豊臣秀吉、佐々成政、小西行長、加藤清正、黒田長政に仕え、出雲の阿国と恋をして、服部半蔵とともに風魔小太郎と戦い、雑賀の孫一の親友で徳川家康の従弟……気性は激しく、直情型で、気に入らない者には服従しない。くよくよ考え込まず、愚痴を言わない、艱難辛苦を舐めても立ち直りが早く、情に厚い男……名城福山城を築き、民からも臣からも愛された良将の中の良将、水野勝成の生涯。

目次

序章
古府黒駒にて
小牧長久手
旅立ち
密偵
一人無僧
火の国騒乱
海峡
貧者一灯
猛者奮迅
鬼日向誕生
それぞれのその後

前書きなど

明智光秀の朱槍を手に、戦国の世を、己の思うがまま暴れまわった鬼日向。福山城初代城主、波乱の生涯を描く。 16才で勘当され、仙石秀久、豊臣秀吉、佐々成政、小西行長、加藤清正、黒田長政に仕え、出雲の阿国と恋をして、服部半蔵とともに風魔小太郎と戦い、雑賀の孫一の親友で徳川家康の従弟……気性は激しく、直情型で、気に入らない者には服従しない。くよくよ考え込まず、愚痴を言わない、艱難辛苦を舐めても立ち直りが早く、情に厚い男……名城福山城を築き、民からも臣からも愛された良将の中の良将、水野勝成の生涯。

版元から一言

やんちゃな武将、水野勝成。福山城を築き、民からも臣からも愛された良将の中の良将軍の生涯。

著者プロフィール

黒川十蔵(クロカワジュウゾウ)

歴史研究家



▲ページの上端へ