明治の女官長高倉寿子
扇子 忠
発行:叢文社
この版元の本一覧
四六判 368ページ
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7947-0675-1 C0093
近刊
奥付の初版発行年月:2011年11月
書店発売日:2011年11月22日

紹介

この時代を紡ぐために生きた明治後宮の女たち。 宮中の旧弊のなかで、女性のための時代を拓いていった美貌と知性の昭憲皇太后。終生の縁により、皇后に仕えた高倉寿子は、後宮の嫉妬、陰謀、策謀から皇后を守り抜く。世継ぎ誕生のたび重なる悲運をのりこえ、時代が大正となった二年後、皇太后崩御の時、寿子は驚愕の真実を知る。

目次

第一章 終生の縁
第二章 運命のいざない
第三章 天変地異
第四章 慶弔まんだら
第五章 入内
第六章 皇后の東行
第七章 女官制度の改革
第八章 宮中内外の憂欝
第九章 青天の霹靂
第十章 重なる悲運
第十一章 女官の選定
第十二章 後嗣問題の杞憂
第十三章 誕生と夭折
第十四章 外憂内患
第十五章 国慶と国難
第十六章 お別れ

前書きなど

時代を紡ぐために生きた明治後宮の女たち。 宮中の旧弊のなかで、女性のための時代を拓いていった美貌と知性の昭憲皇太后。終生の縁により、皇后に仕えた高倉寿子は、後宮の嫉妬、陰謀、策謀から皇后を守り抜く。世継ぎ誕生のたび重なる悲運をのりこえ、時代が大正となった二年後、皇太后崩御の時、寿子は驚愕の真実を知る。

版元から一言

2012年は明治天皇没後100年。明治天皇と昭憲皇太后の素顔の一面を知る一冊です。伝統文化としきたりについても、読みながら学べます。

著者プロフィール

扇子 忠(センスタダシ)

1940年,京都市生まれ。立教大学法学部卒。主な著書に『皇室の饗宴とボンボニエール』(思文閣出版),『弱者だから勝てる『伝説の営業マン』と呼ばれて』(三一書房),『皇室のボンボニエール』(阿部出版),『錦絵が語る天皇の姿』(遊子館),『常識論考あなたの常識は非常識』(日本文学館)他。



▲ページの上端へ