スポチャン物語
田辺哲人
発行:叢文社
この版元の本一覧
A5判 416ページ 上製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7947-0677-5 C0095
在庫あり
奥付の初版発行年月:2012年01月
書店発売日:2012年01月23日

紹介

JAPAN発サムライスポーツ、世界を翔ける。スポチャンはこうして生まれた!昭和の子供たちの遊び、チャンバラごっこから生まれたスポチャンの誕生物語。巻頭100頁には創始者田辺哲人によるスポチャン上達法満載の「スポチャン修行日記」書き下ろし。

目次

第一部 スポチャン
ボコボコ先輩
9才の技
田辺一座
極意蜃気楼
世界チャンピオンの力
人間潤滑油
カプチーノ
カルク
第二部 スポチャンのはじまり
パラオから、母の実家二宮へ
やたら元気なワルガキたち
スコイ
チャンバラごっこは泣いたら負け
こらあ、哲ぼう、逃げるのか。逃げるなら、お母ちゃんの買ったゲタだぁ、おいてけ!
シッピンクッピンオヤのソウドリ
ぬし
バレーボールと剣道
畳のヘリにも気をつかう
次はロス
警備会社のはじめ
師の大事
TOFU
ブリキのカブト
スポチャンのはじめの頃
タンコブ
三八式歩兵銃
晩酌のケーキ
ニワカ芸人
研究の横浜焼、東京焼
北田小のお絵かき
窯の中の火事
後書き

前書きなど

(本文より)
8才の兄がかよっていると、6才の妹もついてくる。小さい面もあったから着けてやった。
道場の真ん中でかたまっている。
「どうしたの」面越しにのぞき込むと大粒の涙があふれている。
ボソボソと喋る。
「だからおバアちゃんにイヤだと言ったんだよ」「イヤなの」「ウン」
面をとってあげると嬉しそうに笑った。
よし、次はこれだと木の細い丸棒にスポンジを巻いて持たせたら、これが気に入ったらしい。
皆がケイコをしているのに、後ろからでも前からでもはしゃいでポカポカ叩き回るからじゃまでしょうがない。
次の週から「スポチャンの好きな者は金曜日」と言ったら、ゾロゾロ大部分がそちらになった。
そうなんだ、皆、大騒ぎしてあばれたいさかりなんだ。
なんだ、それなら得意中の得意。
子供の頃の阿蘇宇神社の境内で、遊びほうけたチャンバラごっこをスポーツにしよう。

版元から一言

昭和生まれのやんちゃ坊主のチャンバラごっこから生まれたスポチャン。魅力がこの一冊に詰まっています。

関連書

「スポチャンをやろう!」

著者プロフィール

田辺哲人()

1942年11月4日にパラオで生まれる。2歳で静岡県由比町に移り、以降はそこで育つ。最終学歴は多摩大学大学院。
昭和48年(1973)全日本護身道連盟(のちの国際スポーツチャンバラ協会(社)日本スポーツチャンバラ協会)を設立。
2011年現在は、国際警備株式会社等の複数の警備会社の代表取締役社長、全日本護身道連盟会長等の複数の役職を兼任している。
明治の帝室技芸員真葛香山の研究において第一人者。田邊哲人コレクションにおいて公開している。絵画においても特異な才能を持ち、二科会会員として活躍。



▲ページの上端へ