脱腸外科医のドキュメント
浅野周二
発行:叢文社
この版元の本一覧
四六判 408ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7947-0711-6 C0095
近刊
奥付の初版発行年月:2013年07月
書店発売日:2013年07月15日

紹介

読売新聞連載の「読むミルク」、中日新聞連載の「紙つぶて」を集録。

目次

井戸端会議
医者の不養生
やっと日の目を見る体験記
読売新聞地域石川版リレーエッセイ『読むミルク』から
北陸中日新聞夕刊コラム『紙つぶて』から
天はもっと、哀れみ深くあってもいい… 一中堅外科医の死
これから留学したい人のための外国語会話上達法
英文振り込め詐欺

前書きなど

これは、無秩序な落書き帳である。すでにどこかに載せたものもある。まだ載せたことがないものもある。書かれたものをすべて理解するのはむずかしかろう。それ相応の実力が必要である。

版元から一言

帰ってきた脱腸外科医。相も変わらず世界中で珍体験。メールできた英文振り込め詐欺、石川県のサッカーの現状などなどちょっと憂えて、ちょっとしんみり、最後はおおいに笑える、脱腸外科医のドキュメント。

著者プロフィール

浅野周二(アサノシュウジ)

1936年金沢市生まれ。1962年金沢大学医学部卒業。1967年同大学院修了。石川県立中央病院診療部長、石川県立中央病院小児診療センター室長、金沢医科大学非常勤講師、石川県立総合看護専門学校長、金沢市医師会理事、監事等を経て、現在、介護老人保健施設「千木町ケア・センター」医師。石川EU協会会長、石川日独協会理事、北陸ベルギー友好協会顧問、金沢日仏協会名誉会長、石川県サッカー協会元副会長。主な著書に脱腸外科医シリーズ『脱腸外科医のフリーキック』『脱腸外科医のオフサイド』『脱腸外科医のレッドカード』『脱腸外科医のランダムキック』等、多数。



▲ページの上端へ