ヨーロッパから、そして日本からカナダを耕した家族の物語
末永和子
発行:叢文社
この版元の本一覧
四六判 256ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7947-0727-7 C0095
在庫あり
奥付の初版発行年月:2014年08月
書店発売日:2014年09月01日

紹介

インタビューと実施調査に7年を費やし、まとめられたカナダのオーラルヒストリー(語り伝えられてきた歴史)

目次

第1部 ロージーの90年(ポーランド/ロージーとその家族
カナダ移民 ほか)
第2部 リリアンのひとり暮らし(カナダの生活スタイル
カウチー家の移住 ほか)
第3部 春太郎の白壁の家(琵琶湖畔からカナダへ
定住を目指して ほか)
第4部 河井の白い雲(牛との出会い
世界旅行へ ほか)

関連リンク

著者プロフィール

末永和子(スエナガカズコ)

エッセイスト
鳥取県出身
駒澤大学文学部卒業
駒澤大学同窓会派遣講師
1992 年以降2013 年までカナダ渡航をつづけ、
その間、1998 年~ 2000 年はバンクーバーに
居住
第3 回世界水フォーラムにボランティア英語
通訳として参加
京都市在住
主な著書 『扉をあけると─カナダロングステイ
850 日―』(叢文社)



▲ページの上端へ