チャイナの夜明けー日本語教師の中国四千年紀行
成田 弘
発行:叢文社
この版元の本一覧
四六判 312ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7947-0743-7(4-7947-0743-6) C0095
近刊
奥付の初版発行年月:-0001年12月
書店発売日:2015年08月24日

目次

プロローグ 
第1章 日本語教師として中国へ 
 1 突然のお誘い 
 2 やっとの思いで中国鄭州着任 
 3 いよいよ教師生活のスタート 
 4 寮生活と修理屋さん 
 5 米国人教師と日本人教師 
 6 驚きの学生自由恋愛 
第2章 黄河文明発祥の地、河南省とは 
 1 大学で活気づく新鄭の町 
 2 河南省の省都・鄭州は意外に大都会 
 3 洛陽は心を癒す古都 
 4 宋の都は開封 
 5 安陽は最古の漢字発祥の地 
 6 カンフーのふるさと少林寺
 7 南街村の不思議な世界 
 8 河南省の気候いろいろ 
 (1)内陸性気候と防寒具 
 (2)季節の変わり目が早い 
 (3)皆既月食のはなし 
 (4)黄砂と洗濯物 
 (5)分教場は石炭の町 
第3章 悠久の歴史が育んだ大地中国                           
 1 道教のメッカ泰山 
 2 済南は泉の湧きでる町 
 3 孔子のふるさと曲阜 
 4 重い歴史を背負う古都南京 
 5 未来へ息づく武漢 
 6 悠久の香り漂う西安 
第4章 チャイナ・インパクト                  
 1 ゴミ清掃員は失業対策になる 
 2 中国では自殺者が多くなっている
 3 中国式地下避難壕、いわゆるシェルター
 4 中国PM2.5の実態とは 
 5 地下鉄の中の物乞い 
 6 中国にカラスのいない不思議 
 7 中国の騒音と安静 
 8 火災大国中国 
第5章 遥かなる大地中国 
 1 知られざる天津の素顔 
 2 天然温泉のある町珠海 
 3 アモイは海上の花園 
 4 海南島は中国のハワイ? 
 5 無錫旅情 
 6 天空の楽園雲南省 
 (1)雲南省の玄関、昆明 
 (2)大理はやすらぎの里 
 (3)世界遺産で沸く麗江の街
第6章 悩める大国の未来は 
 1 大飢饉と食糧問題 
 2 家族主義が賄賂を呼ぶ 
 3 不動産バブル崩壊の始まり 
 4 少数民族と新疆ウイグル自治区 
 5 南シナ海領有権紛争の行方は 
 6 急速に進む中国の高齢化社会 
 7 チャイナの夜明け 
エピローグ

著者プロフィール

成田 弘(ナリタヒロシ)

早稲田大学在学中の1969 年に1 年休学して一人旅でユーラシア大陸一周踏破を行う。その後も個人旅行、出張等にて数々の国々を訪問。計40ヶ国以上となる。2006年12月末にて日産トレーディング株式会社を定年退職し、執筆活動に専念。中国語を学んだ後、日本語教師として中国河南省に赴任し、1 年間生活する。著書に『ユーラシアの風に吹かれて』(叢文社)



▲ページの上端へ