恋忘貝ー万葉ことば巡り
吾意在野 游
発行:叢文社
この版元の本一覧
四六判 256ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-7947-0753-6(4-7947-0753-3) C0095
近刊
奥付の初版発行年月:1511年02月
書店発売日:2015年11月21日

紹介

万葉ことばで雑談力アップ。「二八十一」の読み方は「にくく」。万葉仮名の謎解きで頭の体操も!

目次

暁露 あかときつゆ  
鯨取取り いさなとり  
牛窓 うしまど  
采女 うねめ  
卯の花月夜 うのはなづくよ  
うはぎ  
思ひ草 おもいぐさ  
櫂の散り かいのちり  
かけまくも  
かざし 挿頭  
紅にほふ くれないにおう  
消残る けのこる  
恋ひ恋ひて こいこいて 
恋忘貝 こいわすれがい  
言とはぬ こととわぬ  
立ちよそひたる  
玉の緒 たまのお  
玉藻靡かし たまもなびかし  
たよらに  
つらつら椿  
つるはみ 橡  
義之 てし  
年深み としふかみ  
憎くあらなくに  
はしきやし  
黄土 はにふ  
母とふ花 
ふふめり 含めり  
ほとほと  
真幸く まさきく  
まそかがみ  
真間の手児名 ままのてごな  
海松 みる  
めづらし  
百重なす心 ももえなすこころ  
八衢 やちまた  
夕蔭草 ゆうかげくさ  
吉事
『万葉集』の構成と本書掲載の歌  
「万葉ことば巡り」年表

著者プロフィール

吾意在野 游(アイザイヤ ユウ)

本名 高木紀世子 1948(昭和 23 年)年、兵庫県赤穂郡上郡町に生まれる。関西学院大学文学部史学科(ドイツ史専攻)卒。日本企業に就職後、ドイツ留学を決意。マンハイム大学1年半の留学から帰国後、ドイツ語を生かした仕事に就き、以後、ドイツ系企業に転職。1992 年役員に就任し、最後の7年間は社長を務める。2009 年3月末、ビジネスの一戦から退き、10月作家デビュー。現在は経営コンサルタントの傍ら、万葉集を楽しむ会、源氏物語游友の会を主催し、茶道、香道、着物の着付け、英語などを教えている。英語、ドイツ語を話し、外資系での経営経験者だが、現在はほとんど着物で過ごす。関西学院のスクールモットーである“Mastery for Service” を大切にしている。2013 年4月より関西学院同窓会神奈川支部支部長。同大学卒の夫と横浜に住む。著書:「魂を抱きしめて—桜子」(叢文社)「千日紅の咲きし宿の湯」(叢文社)



▲ページの上端へ