誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本
みやすのんき:著
発行:カンゼン
この版元の本一覧
A5判 160ページ 並製
予価:1,500円+税
ISBN978-4-86255-440-6(4-86255-440-7) C2075
近刊
奥付の初版発行年月:-0001年12月
書店発売日:2018年01月06日

紹介

ランニングは遅く走り始めた人ほどフォームが大切!

マンガ家・みやすのんきは、長年の執筆生活と不摂生で体重85kgもあった身体に鞭打ち、50歳を過ぎてから一念発起。全マラソン競技人口の3%、50歳以上だと1%未満であるサブスリー(フルマラソンを3時間以内で走る事)を3年連続で達成している55歳現役の一般市民ランナー。

といっても筆者は子供の頃は逆上がりも縄跳びもできなかったほどの運動オンチだった。本書は元々速かった「陸上競技経験者」では気がつかない、そして語られる事がなかった「速く楽に走るためのランニングフォームの60の上達ポイント」を徹底分析。子供の頃から何となくやってきた“かけっこ”と“陸上競技のランニング”の違いを、マンガ家ならではの視点でわかりやすく紹介する。

本書はこれから走り始める人、走っていても記録がなかなか伸びない人、故障をしがちな人、体力の衰えを感じてきた中高年世代に効果バツグン。いかに楽しみながら記録を向上させていくか――それには初心者や年齢的に遅く走り始めた人ほど、正しく効率がよいフォームで走ることが鍵となる。

そのヒントは長距離陸上競技界において世界最速であるケニア人ランナーの走りにこそ隠されていた。市民ランナーでもじゅうぶん応用が可能なように、写真やイラストを使って全ページをオールカラー見開き単位で解説。「欧米人と日本人は骨格や筋肉が違う」など数々の誤解を紐解き、ランニングフォームの黄金率を大胆に探っていく渾身の一冊!

目次

第1章 正しい筋出力と方向を意識するだけで速くなる
第2章 ジョグの大切さと危うさを認識する
第3章 地面と唯一接する足裏の動きを理解する
第4章 地面のスピードに合わせた膝に優しい着地を獲得する
第5章 足の回転を効率よくする先取り感覚を磨く
第6章 股関節筋群を使ったSSCで弾性エネルギーを狙う
第7章 腕振りの重要性と免震バランスを考察する
第8章 体幹と骨盤を使いブレのない走りを目指す

著者プロフィール

みやすのんき(ミヤスノンキ)

1962年11月1日生まれ。東京都出身。
『やるっきゃ騎士』(集英社/月刊少年ジャンプ)にてデビュー。代表作に『冒険してもいい頃』(小学館/週刊ビックコミックスピリッツ)、『桃香クリニックへようこそ』、
『厄災仔寵』(共に集英社/週刊ヤングジャンプ)など。

近年は『走れ!マンガ家ひぃこらサブスリー』(実業之日本社)、『あなたの歩き方が劇的に変わる!驚異の大転子ウォーキング』(彩図社)、
『「大転子ランニング」で走れ!マンガ家53歳でもサブスリー』(実業之日本社)などスポーツや健康関係の実用書も出版。



▲ページの上端へ