おどかさない子育て! しかり方、語りかけ方ちいさい・おおきい・よわい・つよい No.97
桜井智恵子:編集代表, 毛利子来:編集代表, 山田真:編集代表
発行:ジャパンマシニスト社
この版元の本一覧
A5判 並製
定価:1,200円+税
ISBN978-4-88049-297-1 C0077
在庫あり
奥付の初版発行年月:2013年12月
書店発売日:2013年12月25日

紹介

あぶないとき、いけないとき、
ちゃんということを聞いてほしい。
できるなら、こどもとムダなバトルをせずに、
いい方向へ導いていけたらと思い、
やさしく説明したり、お願いしてみたり。
それなのに気がつけば「やめろっ」「もう知らない!」と
声を荒げている……こんなはずじゃ……(涙)。
こんなんじゃ、のびのび育たない?

私のしかり方、これで、いいの? と迷うときの
目からウロコの処方箋。
どんな穏やかな人だって、爆発しちゃいがちな
「時間のないとき」「つかれているとき」の対処法。
逆転の発想、「小さくキレることの効能」。
そして、こどもの気持ち。
なるほど!

目次

特集
おどかさない子育て!
しかり方、語りかけ方

Part1
注意する、たしなめる、説明する……
こどもにとってわかること?
わからないこと?

9 〝いまがすべて〟のこどもたちに
気持ちを伝える
心理カウンセラー・内田良子さんに聞く

17 ファンタジーの共有がポイント
鳥羽伸子(心理相談員)

迷ったときの大人の作法
―配慮なし? 非常識? はずれてる?

27 Case1
保育園で親、保育者、お友だち……
人に順序をつけている
青野典子さん(保育園園長)はこう考える
相手の気持ちを代弁してみる

31 Case2
家でおもちゃ、お金、
人のものをほしがる、とっちゃう
内田良子さん(心理カウンセラー)はこう考える
その場ですぐに「だめよ」

35 Case3
幼稚園でじっとしてない、ふざけちゃう、
秩序を乱す
本田久美子さん(保育園園長)はこう考える
ベースに「共感」をもって

39 Case4
外出先で大声で主張、走りまわる、
注意しても聞かない
青野典子さん(保育園園長)はこう考える
カギは他者への想像力

45 Case5
幼稚園でお友だちの輪に入れない
山本ふみこさん(随筆家)はこう考える
ふたりで一杯やりながら
どうする? ウチの子、ヨソの子……
こどもどうしのトラブル

50 関係をつくる通訳になってみて
内田良子(心理カウンセラー)

55 ハウツーはない。
その子の気持ちを感じること
本田久美子(保育園園長)

59 幼児から小学生までのけんか対応
―しつこく理由を聞かないで 
岡崎 勝(小学校教員)

Part2
キレる、吠える、手が出る……
怒り爆発〜(汗)
これじゃ、のびのび育たない?

64 大切なのは「ふたつの場」をつくること
内田良子(心理カウンセラー)

ショック!
つい手が出てしまったら

72 怒りの矛盾は自分自身に?
園田富紀子(保育専門学校講師)

76 なぐられつづけたボクの原則
岡崎 勝(小学校教員)

79 心地よさを手がかりにして
徳田 茂(通所施設主宰)

82 もっと、せこせこ、怒ろうよ
精神神経科医・石川憲彦さんに聞く

90 ぶちギレ母と、ぶちギレ父に、
まわりの人ができること
毛利子来(小児科医)

Part3
どうにもならないときもある……
もう、ありのままでいっちゃう?

94 怒り+後悔=コミュニケーション?
浜田寿美男(発達心理学・法心理学者)

102 思うように、やってみて
毛利子来(小児科医)

連載
108 フクシマからぼくが学んだこと ⑤
平和利用と軍事利用
山田 真(子どもたちを放射能から守る
全国小児科医ネットワーク代表)

114 続・話そう、予防接種のこと ⑩
インフルエンザ
ワクチン、薬の問題
青野典子(保育園園長、ワクチントーク全国)

121 『お・は』創刊20年 &
『ち・お』創刊15年 イベント開催!!

124 編集委員の創刊記念メッセージ

126 ち・お新聞

128 モニター会員募集

129 編集後記

142 バックナンバー常備店

著者プロフィール

山田真(ヤマダマコト)




▲ページの上端へ