特集1、ブログ?チャット?アカウント?ケータイ・パソコン持たせる前に《必読》/特集2、不審者情報で守れる安全って?おそい・はやい・ひくい・たかい67号
岡崎勝:編
発行:ジャパンマシニスト社
この版元の本一覧
A5判 144ページ 並製
定価:1,200円+税
ISBN978-4-88049-567-5 C0077
在庫あり
奥付の初版発行年月:2012年05月
書店発売日:2012年05月25日

紹介

特集1
ケイタイ買って!
塾に行くから。
パソコンほしい!
学校の宿題で使うよ。
・・・・・・アブナいこともあるけれど、
避けては通れない道だし・・・・・・
でも、ほんとに、そんなに、簡単に
ネット世界に旅立たせて大丈夫?
オトナもハマるその世界と
これだけは知っておきたい対処術。

特集2
こどもたちの安全を守りたい。
安心に暮らしたい。
そういう気持ちを利用され、
脅しや不安を煽る情報で、
失うものは大きい。

目次

特集I
ブログ? チャット?アカウント??
ケータイ・パソコン
持たせる前に《必読》

8 〈親の声Ⅰ〉
バーチャルな世界や情報におぼれない?

10 〈親の声Ⅱ〉
アダルトサイトやネットショッピングから「しかと」まで

12 中・高女子と磨奈ママのリアルおしゃべり
どんなことが楽しい?ハマってる?
(ネット・若者コトバ解説つき♡)
─おしゃべりを終えて「大人のネット・リテラシーは貧困」
安住磨奈(作家)

22 〈先生の声〉
ネットのトラブル、生徒指導もいたちごっこ

24 〈子どもの声〉
中・高生のみんな、インターネットでなにやってる?

25 精神科医の石川さんと
「ナリスマシ」磨奈さんの
ネット世界で心配すること、いままでどおりでいいこと

33 「メール未満(?)」な親にいえること
──大人の手練手管の出番です
赤田圭亮(中学校教員)

38 〈親の声Ⅲ〉
海外、不登校でコミュニケーションはプラス面?

40 「2ちゃんねる」
生みの親・ひろゆき氏にお尋ねしてみたら……
僕が親なら「表向き」厳しいルールです。
ひろゆきさんの子ども相談室
西村博之(プロデューサー)

46 〈「読者アンケート」結果〉
このネット用語いくつ知ってますか?

47 特集Ⅰのおわりに
「自由と危険」を真剣に知らせる
岡崎 勝(本誌編集人・小学校教員)


特集II
不審者情報で守れる安全って?

52 〈親と子の声Ⅰ〉
なにに気をつけ、どう対策?

54 〈親と子の声Ⅱ〉
こんな「不審」なこともありました……

56 〈先生の声〉
学校に届く不審者情報から

58 「イカのおすし」から「対策の検証」を
危険や犯罪はどこにあるのか?
浜井浩一(龍谷大学大学院法務研究科教授)

66 過剰な不安にかられてしまえば……
報道によってもたらされること
浜田寿美男(発達心理学・法心理学者)

72 〈親の声〉
親たちの知らないところで……

73 自由の国・アメリカの子育て事情
「安心」を選んでなくしたもの
谷口輝世子(ジャーナリスト)

78 特集Ⅱのおわりに
「不審者」は「不信者」ではない
岡崎 勝(小学校教員)


連載

82 小学校、入ってみたら
岡崎 勝(小学校教員)
  ×
新入り母さん・ガミちゃん(母親)

89 子どもたちの情景
─そばにそっといた私から見えたこと
かずひろくんとトイレ
ひらのゆうこ(大学院生)
  ×
浜田寿美男(発達心理学・法心理学者)

96 思春期ブギ 「卒業と入学と。」
高野 優(育児漫画家)

102 サゲママ磨奈の高校男子
「オフ会騒動に終わった春休み」
安住磨奈(作家)

108 障害児と学校生活
「就学猶予を迷うとき」
山田 真(小児科医)

114 おとな眼【まなこ】
─「養護学」をくらしの中に「親子のいいあいのあとで」
大谷尚子(大学教員・養護学)

120 ohaの本棚
『子どもの声を社会へ』(桜井智恵子著)
読んだ人/岡崎 勝(本誌編集人)

132 こんなときどうするQ&A
Q軽度の知的障害と診断され……
       回答者/石川憲彦(精神神経科医)

135 み・ん・な・の手紙

138 oha編集部から

144 編集後記

129 『お・は』『ち・お』を読む会リスト

140 [アピール]
原発のない日本を

著者プロフィール

岡崎勝(オカザキマサル)

1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員歴36年。著書に「きみ、ひとを育む教師ならば」「ガラスの玉ねぎ こどもの姿を写し出す1年白組教室通信」(ともに小社刊)、「みんなでトロプス!」(風媒社)、「学校再発見!」(岩波書店)、「新・子どもと親と生活指導」(日本評論社)、共・編著に「友だちってなんだろう」(日本評論社)、「がっこう百科」(小社刊)など多数。学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。



▲ページの上端へ