プリント・ノート・学用品・机まわり…… 小学生で身につける! 振り分け・整理・収納の習慣!!おそい・はやい・ひくい・たかい74号
岡崎勝:編
発行:ジャパンマシニスト社
この版元の本一覧
A5判 並製
定価:1,200円+税
ISBN978-4-88049-574-3 C0077
在庫あり
奥付の初版発行年月:2013年07月
書店発売日:2013年07月25日

紹介

たくさんのモノに囲まれて育つ子どもたち。
そして、同じく、モノに囲まれて育った大人たち。
勉強道具や教材は増えるばかり、生活用品に趣味のもの、
なんだかわかんないけど、お部屋はどっちゃり。
ちまたで人気の整理術、かたづけの心得だけで、
このカオスをおさめるのはムリムリ!

いったい、いつから、モノだらけ?
わたしたちはモノとどう向き合う?
整理術のベテランに加え、教員に心理の専門家……
子どもの世界や心情を考えつづける執筆陣が
無理なく、毎日続く極意を伝授!

目次

特集
プリント・ノート・
学用品・机まわり……
小学生で
身につける!
振り分け・整理・
収納の習慣!!

8 だれだ! 
ぼくの部屋を散らかしたのは!?
内田良子(心理カウンセラー)

14 「よくない」が、「しょうがない」こと
岡崎 勝(小学校教員)

18 いつから? こんなに?
子どもの世界がモノだらけ!?
編集部
なぜ、どうして、子どもは
かたづけない?

21 気持ち悪くないから
岡崎 勝(小学校教員)

26 「かたづけたがり」へと豹変したとき
山本ふみこ(随筆家)

32 平松洋子さん(エッセイスト)に聞く 
まずは、親自身に「整理」がついて
いるか、どうかが……

ベテラン教員に学ぶ!
まずは、「ルール」を決める
40 ① 机・ランドセル
岡崎 勝(小学校教員)
机まわり/ランドセルの中身

42 ② 教科書・ノート類
虎谷美智代(小学校教員)
低学年/中学年/高学年

46 ③ 教材
―算数セットから裁縫セットまで
郡司修一(小学校教員)

49 ④ プリント
―授業用、連絡用
岡崎 勝(小学校教員)

51 【コラム】ちらかし教員の存在意義(笑)
岡崎 勝(小学校教員)

52 〈親の声〉
わが家のぐちゃぐちゃ顛末記①
茨城県・ATさんの場合
2009年 プリントたんまり、落としものキング
2013年 お知らせメールも頼りつつ

ベテラン教員+整理術のプロに学ぶ!
さらに、「捨てる」コツを知る
55 ① 「捨て方」を教えるときの基本
辰巳 渚(文筆家、『「捨てる!」技術』著者)

59 ② 「捨てる」か「保存」か迷ったら
東京第三友の会のみなさん

64 ③ 教員による学年別アドバイス!
〈低・中学年〉 長期休みにいっしょに
武本圭子(小学校教員)
〈高学年〉 一年間保存すれば……
長谷川洋子(小学校教員)
〈中学生〉 クリアファイルを二枚用意
赤田圭亮(中学校教員)

70 〈親の声〉
わが家のぐちゃぐちゃ顛末記②
広島県・匿名希望さんの場合
2009年 すぐに新しい文具が欲しくなっちゃう
2013年 必要なものを、必要なだけ買うように

心理学の先生にすがる
どうしても、かたづけベタな人のための
ひとこと……

73 素通りされるものに支配される時代
鳥羽伸子(心理相談員)

76 あきらめ……
現実を「あきらか」に見ること
浜田寿美男(発達心理、法心理学者)

それでも気になる〜〜!!
子ども部屋!
82 問答無用! はこんなとき
岡崎 勝(小学校教員)

84 「守る」から「まかせる」へ
浜田寿美男(発達心理、法心理学者)

87 毛利子来さん(小児科医)に聞く
ぼくが子ども部屋に入らなかったわけ

94 〈親の声〉
わが家のぐちゃぐちゃ顛末記③
埼玉県・TYさんの場合
2009年 机はゴミだめ、かたづけられない男
2013年 時間が解決してくれたのでしょうか

96 特集のおわりに
最後の手段
岡崎 勝(小学校教員)

連載
100 子どもたちの情景
─そばにそっといた私から見えたこと ⑨
「忘れものの多いかずねちゃん」
ひらのゆうこ(大学院生)×
浜田寿美男(発達心理学・法心理学者)

107 障害のある子は、普通学級に行けないの? ①
「受験方法は教育委員会と交渉で」
山田 真(小児科医)

113 ─愛知・小学校生活37年の記録
「せんせい!」への道 ⑦
「最後の赴任先は栗山温泉!?」
岡崎 勝(小学校教員)

124 ohaの本棚
『発達障がいと思春期』
(門野晴子著)
読んだ人/岡崎 勝(小学校教員)

125 oha編集部から

126 『ち・お』『お・は』を読む会

130 編集後記

132 [アピール]原発のない日本を

著者プロフィール

岡崎勝(オカザキマサル)

1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員歴36年。著書に「きみ、ひとを育む教師ならば」「ガラスの玉ねぎ こどもの姿を写し出す1年白組教室通信」(ともに小社刊)、「みんなでトロプス!」(風媒社)、「学校再発見!」(岩波書店)、「新・子どもと親と生活指導」(日本評論社)、共・編著に「友だちってなんだろう」(日本評論社)、「がっこう百科」(小社刊)など多数。学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。



▲ページの上端へ