マンガと解説でわかりやすいコミュニケーション・デザイン攻略大作戦
鎌倉 生光:著
発行:六耀社
この版元の本一覧
四六判変型 196ページ 並製
予価:1,600円+税
ISBN978-4-89737-771-1 C2034
近刊
奥付の初版発行年月:2014年05月
書店発売日:2014年05月26日

紹介

使える「コミュニケーションデザイン」入門ガイド。最近、巷でよく聞く「コミデ」こと、「コミュニケーションデザイン」のイロハをマンガとわかりやすい解説でひも解く、画期的な一冊!SNS、Twitter、フェイスブックなどのソーシャルメディアの普及も日々広がり、世の中の情報量が膨大化した分、送り手側のメッセージが意図した通りに伝わりづらい世の中になっています。そこで、本書では、情報伝達環境を整え、適した手法によってインパクトあるメッセージを伝えるための「コミュニケーションデザイン」のイロハを、わかりやすく漫画で解説しています。

目次

はじめに
第一章
コミュニケーション・デザインってどうなの?

漫画編 登場人物の紹介と新商品開発のはじまり
解説編 コミュニケーション・デザインって何?
解説編 ・事例【子供の感染症を防ぐHOPE SOAP】
解説編 ・事例【体重で運賃が変わる航空会社】
解説編 ・事例【ロッテ クールミント】

第二章
課題もヒントも、足下をよく見よう。

漫画編 商品企画から役員のプレゼンテーションまで
解説編 問題を上手に見つけることが、すべてのスタート
解説編 現象と原因の違いを覚えておこう。
解説編 やっぱり二番目じゃダメなんです。
解説編 ベネフィットをUSPに高めよう
解説編 インサイトの発見は、直接アイデアに結びついている
解説編 ネーミングはアイデアの言語化

第三章
コアアイデアはコミュニケーションの大黒柱
漫画編 コアアイデア決定から各施策の設計まで
解説編 コアアイデアはコミュニケーションの大黒柱
解説編 コミュニケーションの設計図(デザイン)について
解説編 パッケージデザインは「体験」(時間軸)の視点で見る
解説編 使うこと、行くこと、成りきること

第四章
PR大作戦で話題作り

漫画編 PRとSNSを結んで話題作り
解説編 PRの基本はメディアを通じて「空気や気分をつくる」こと
解説編 「良い事件」を起こしてニュースになろう。
解説編 PRの成功パターンを覚えておこう。
解説編 メッセージを気持ちよく受け取るための、コンテキスト作り。
解説編 ・事例【ライアンエアー】

第五章
ほんとうに大切なのは「スタート後」
漫画編 売り上げ減の原因探求から戦略立て直しまで
解説編 ミュニケーション・デザインは問題解決の繰り返し
解説編 指標を決めてプロジェクトを元気にしよう
漫画編 その後 専務の社長就任スピーチ

第六章
コミュニケーション・デザインの現場

青山フラワーマーケット
あわしまデンタルオフィス

あとがき
プロフィール
引用文献

版元から一言

マンガと解説でわかりやすい、広告・広報・マーケティング・商品開発、すべてのコミュニケーターためのコミュニケーション・デザイン入門ガイド。

著者プロフィール

鎌倉 生光(カマクラ タカミツ)

北海道生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。 複数の広告会社を経て 1999 年より Ogilvy Japan に勤務。2007年 デザインバーコード社設立に参加、2010年 より株式会社 1192 を設立。目標は日本のブランディング。



▲ページの上端へ