駝鳥
筒井 康隆:作, 福井 江太郎:絵
発行:六耀社
この版元の本一覧
A4判変型 33ページ 上製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-89737-810-7 C8793
近刊
奥付の初版発行年月:2015年09月
書店発売日:2015年09月09日

紹介

筒井康隆初期のショート・ショート集『笑うな』に収められた短編小説と、日本画の世界で異彩を放つ福井江太郎の絵が合体。二人の強烈な個性がぶつかり合う。中学校の教科書にも取り上げられたこの短編が、いま、絵本として復活。

版元から一言

無情か、因果応報か、はたまた、ノンセンスか。鬼才・筒井康隆の文学が、異才・福井江太郎の混沌とした人間への思いをぶつける日本画と、はげしくコラボして、絵本になった。

著者プロフィール

筒井 康隆(ツツイ ヤスタカ)

1934年大阪に生まれる。同志社大学卒。81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎文学賞、89年『ヨッパ谷への降下』で川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞受賞など豊富な受賞歴がある。ほかに、フランスのシュバリエ章・パゾリーニ賞。菊池寛賞。2002年には紫綬褒章も受章している。現代日本文芸界の第一人者。

福井 江太郎(フクイ コウタロウ)

1969年東京に生まれる。94年多摩美術大学大学院修了。2003年文化庁買上優秀美術作品に駝鳥の大作「阿・1」選出される。13年紺綬褒章受章。日本画壇で国際的評価を受ける若手画家の第一人者。1992年卒業制作で駝鳥を描いて以来20数年、駝鳥を根幹の
テーマとする。東京とニューヨークにアトリエを置き、各種の企画展、全国巡回の個展を展開するなど活躍中。画集に『クロトリノハオト』、『花』、『ダチョウ 福井江太郎作品集』などがある。



▲ページの上端へ