アート化する新しい工芸工芸未来派
秋元 雄史:著
発行:六耀社
この版元の本一覧
A5判 248ページ 並製
定価:2,650円+税
ISBN978-4-89737-814-5 C3072
近刊
奥付の初版発行年月:2016年01月
書店発売日:2016年01月22日

紹介

工芸が、現代アートに進化する。旧来の工芸におさまりきらず、あたらしい美術として位置づけられてきた「未来工芸派」50 人の仕事と作品。著者は、それら工芸が切りひらく美術世界の潮流を凝視して、その可能性を展望します。著者が館長を任じる金沢 21 世紀美術館は、金沢市の「世界工芸都市宣言」に呼応して、工芸美術の未来創出をリードしています。

著者プロフィール

秋元 雄史(アキモト ユウジ)

1955年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業。金沢21世紀美術館館長、東京藝術大学大学美術館館長、東京藝術大学
大学美術館教授、秋田公立美術大学客員教授、金沢美術工芸大学理事/経営審議委員も務める。



▲ページの上端へ