美容院ベビーフェイス物語
領家髙子
発行:駒草出版
この版元の本一覧
四六判 265ページ 上製
定価:1,700円+税
ISBN978-4-903186-48-1 CC0093
在庫あり
奥付の初版発行年月:2007年08月

紹介

下町にある角店。椅子はたった二つ。美容師は千夏ひとり。順番待ちの人には座席の高めのシンプルなラブチェア。美容院『ベビーフェイス』を舞台に、心温まる人間模様を描いた、抒情派・領家髙子による珠玉の連作短編集。

目次

"・恋面(こいおもて) ・青いエンゼルウイング ・ラブチェア ・ひだまり貯金
・トゥモロウ ・小夜曲
"

著者プロフィール

領家髙子(リョウケタカコ)

"1956年、東京向島に生まれる。両国高校から東京外国語大学ドイツ語科に学ぶ。95年、『夜光盃』(講談社)を出版し、続いて『ひたくれない』、『八年後のたけくらべ』を刊行。01年、『九郎判官』(講談社)で泉鏡花賞候補となる。他にも、現代の芸者を主人公とした長編『向島』『墨堤』『言問』(すべて講談社)やロマン・ノワールの秀作『サン・メルシ つれなき美女』(講談社)、新たなる樋口一葉像を誕生させた『一葉舟』(NHK出版)など、その硬質な文体と抒情性は、高い評価を受ける。
"



▲ページの上端へ